べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑さと神宮とからあげと ~ 6月12日(金)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   0 comments   0 trackback



[総日数]     519日(日本橋出発後793日経過)
[今日のルート]  大分県宇佐市「寄藻川沿いの空き地」~中津市「山国川の河川敷」
[進捗状況]    佐多岬より九州東側から北上中











昨夜の天気予報では晴れだということで

昨日のどしゃ降りからホントに晴れるんか!?

と半分疑いながらの露天だったけど


起きてみると

ああ、晴れてるねw


雲はうっすら空を覆っていて

そのお陰で柔らかくなった朝日を

テントの入り口を開けて取り込む


ぼぉーっとテントの前を見てると

小指ほどの小さなサワガニが

列になってテントの前を横切っていく

たぶん今日は天気良さそうだからって

みんなでピクニックでも行くんだろう

















8:00過ぎに出発したときにはすっかり雲も過ぎ去って

一人だけ青空に取り残された太陽が

寂しさを紛らすためかギラギラと日差しを突き立ててくる


出発して30分しか経ってないのに

すでに全身は汗ビッショリ…

せっかく昨日お風呂に入ったのにー


















1時間ほど歩くと「宇佐神宮」に到着

さっそく今日はここを観光していきます!


というのは

ウチの親父が寺社仏閣に関心があって

通ったら代わりに寄ってきてくれとのこと

ほな、行ってきますわー


















この宇佐神宮って言うのは

全国にある「八幡宮」の総本宮とのこと


ほらほら、

皆さんの地元にも「○○八幡宮」とかありましたでしょw

それの元締めみたいなところ

















ここで奉られてる神様って言うのは3人いて


筆頭は八幡大神、すなわち応神天皇

この人は15代の天皇で

初期の天皇はいたのかどうか分からないなかで

確実に存在していたことが確認できた一番古い天皇とのこと

ちなみに即位したのが71歳で、崩御(亡くなったのは)111才という

神様並みの信じられない体力の持ち主(つーか神様でしたw)
















2番手は比売神、すなわち宗像三女神

福岡県の宗像大社で奉られてる女神様で

天照大神が国を作るときに

ちょっと手伝ってくれと言われて朝鮮からやって来たらしい


















3番手は神功皇后で

まぁ応神天皇のお母さん

天皇の代わりに政事を取りしきったり

神様のお告げで朝鮮半島へ攻め入ったりと

かなりの肝っ玉母ちゃんだったらしい

(ちなみに朝鮮へ攻め入るときには妊娠中で

お腹を冷やして出産を遅らせながら戦ってたw)

九州北部に所縁があって

この地域の至るところで奉られてるらしい


















と言うわけでメチャメチャ偉いから

皇族も毎年お使いを出して挨拶に来るらしい

地味にスゴいところなんだねw































昨日の雨のせいか

境内は少ししっとりしていて

暑苦しい下界とは違う、厳かな雰囲気を感じさせる

















石段を上がっていくと

見えてきたのは上宮の入り口「西大門」



















これが本殿…の入り口w

ここから先は皇族しか入れないらしく

奥にある一之御殿は国宝とのこと



ちなみに

この宇佐神宮での参拝方法は「二礼四拍一礼」

普通の神社は「二礼二拍一礼」だからちょっと違う

そういえば、出雲大社も「四拍」だった気がするなぁー




















































そんな感じでスピリチュアルパワーを頂きましたw



そのあとは宇佐神宮から5分くらい先にある

宇佐郵便局へ


実はこの郵便局にはお会いしたい方がいるんですよねw

郵便局に入ると

「あの、日本一周をされてる方ですか?」とお声がかかり

どうやら局内で話が通じているみたいw

















お待たせしました!とやって来た大嶋さんは

以前、佐伯を歩いているときに声をかけてくださった方で

今度近くにきたときは寄ってくださいと言われてたんですw


何週間ぶりかの再会で

なんだか嬉しくなってしまう


旅先ではたくさんの方に声をかけて頂くんだけど

そのほとんどがその場限りで「がんばってねー」で終わっちゃうから

こうして再びお会いして話できるって言うのは

まだ僕のことを覚えてくださったんだ、という気持ちも相まって

ほんとに嬉しい


大嶋さんはとても気さくな方で

郵便局を営業してるのにもかかわらず

僕の話を付き合っていただいたり

今後のルートの相談にも乗ってくれる


更には宇佐郵便局の職員さんもみんな優しいもんだから

郵便局にやって来るお客さんを巻き込んで

ワイワイとお話しさせてもらう

(本当にお邪魔してしまいました…汗)


















どうせならと言うことで

皆さんに寄せ書きも書いてもらって

















記念撮影!

突然お邪魔してしまったのに暖かく迎えてくださって

本当にありがとうございました!

















また遊びに来まーすww



















宇佐郵便局を出てからは

ひたすらに国道を進む

というか、半端なく暑い…今年一番だわー




















電光掲示板には「31℃」の文字

梅雨はどこいったんだ!?


















この大分県北部と言うのは

言わずしれた「からあげ」の激戦区

「中津からあげ」と聞けばわかる人もいるかも


そんな話を聞いたら

食べてみるしかないでしょw


ということで

今日はひたすら「からあげ」を食べ比べします!

















まずは大嶋さんがお勧めしてくれた「大閤」さんへ

パッと見てお店は

住宅街にある普通の一軒家にプレハブをくっつけた感じ


ホントにやってんのか?

と覗いてみると、すでにお客さんが5、6名


どうやら注文してから揚げ始めるようで

10分ほど待たなきゃいけないらしい

もちろん持ち帰りオンリー。


常連さんらしい人の注文は

みんな4000円分とかを買ってるようで

両手が塞がるくらいのビニール袋

これはマジで流行ってるっぽいw


注文自体は100g単位での購入が主で

少量の場合は5個とか指定することもできる

値段は200円/100g以下で

普通にスーパーの惣菜からあげを買うより安い


















僕が注文してみたのは

骨無しモモ肉5個

大きさはピンポン玉大で

竜田揚げっぽい想像を裏切る衣は薄め

















揚げたての熱々を一口食べてみると

中からはジュワーっと肉汁w

これはウマイ!

















味は醤油ベースで下味はしっかりめ

ニンニクとショウガも効いてるけど

全然クドくない


揚げ物を食べたときの重たさがないし

溢れる肉汁もサラっとして油濃さを感じない


買ったときは5個は重たいか…と思っていたのに

ペロリと平らげてしまうほど

サクサク食べることができる不思議なからあげ


















そして一緒に買った砂ズリのからあげが絶品で

揚げたりすると固くなりそうなのに

プリプリで歯応えがいい!

味もしっかりついてて…ビールが飲みたい( ´△`)

















会社勤めの皆さんスイマセン!

僕にはもう堪えられませんでしたww


いやはや「中津からあげ」

これほどのものとは…

どうせ「美味しい」という言葉だけが一人歩きしてるんじゃね?

とか思ってたのを完全に裏切られた感じ


この太閤さんは定番らしいけど

他のお店もそれぞれに味が違うらしい

そりゃあ楽しみだww



















そう心を踊らせながら歩き始めるも

外は灼熱の31℃

一気に全身から汗が吹き出してきて

歩くのだけで精一杯になるほど頭がぼおーっとしてくる


しばらくしてからあげ屋さんの2件目に到着するも

この暑さのお陰で食欲はすっかり無くなってしまい

仕方なくここはパス


あんまりにも暑いもんだから

途中のコンビニに逃げ込んで

立ち読みしながらクールダウン

そしてなにも買わずにお店を出るww

良い子は真似しないように!

















夕方になってようやく食欲も出てきたところで

本日2件目のからあげ屋さんは「鳥しん」さん


ここも結構有名なからあげ屋さんらしい

注文したのは「骨無しミックス」200g
















ちなみに少ない注文の時は

つまみ食いしやすいように耐油紙の袋にぶっ込んでくれる様子w

















味は醤油ベースなんだけど

唐辛子が入ってるようでちょい辛め

それがクセになるような味付け


モモ肉はもちろんジューシーで

ホクホクしながら美味しく食べれるんだけど

一緒に入ってたムネ肉がそれ以上にジューシー!


ちょっとカジるとブワッと肉汁が溢れてきて

アツー!ってなるw

ムネ肉ってパサパサしてるイメージだけど

こんなにジューシーなのは初めてかも
















だんだん食べていくうちに耐えきれなくなってコーラを購入

プハァー!

ピリ辛のからあげと相性バツグン!!


















鳥しんが食べ終わったら

そこから徒歩10分くらいにある

からあげ屋さん3件目の「舷喜屋 本店」さんへ

(ホントに至るところにからあげ屋さんが乱立してる)


このお店は周辺のからあげ屋さんで広告が一番目立ってて

「からあげグランプリ」の上位常連らしい


中へ入ると元気の良い店員さんが声をかけてくれて

旅の話やらで結構盛り上がる

「水がヌルくなってませんか?冷たい水を入れ換えますよ」

と気を遣っていただいたりとかなり好印象♪


















頑張ってください!と応援されながらお店を出て

ちょっと離れたスーパーの駐車場で試食タイム
















購入したのは骨無しミックス100gと

フェイスブックのチェックインでプラス1個

















まずはむね肉を食べてみると

ん?ショウガがけっこう利いてる

そして他のお店に比べて薄めでアッサリ食べやすい


続いてモモ肉を口に運ぶと

なるほど、しっかり味が利いてる

たぶんモモ肉とムネ肉とでは

漬け込みダレや衣の味付けを変えてるっぽい


舷喜屋の味付けは全体的にシンプルで

一番食べやすいイメージ

そしてお肉の味を生かしてる気がする


お酒を飲みながらというより

晩御飯のお供にはちょうどいいと思う



そんな感じで

今回の中津からあげ屋巡りは

合計3件で20個あまり食べましたーw


ホントはもう何軒か行きたかったけど

昼間は夏バテで食欲がなかったし

なんせ、これ以上の出費は痛すぎるww


各地方にある「名物」と名のつくものは

2種類に分類できると思っていて

それは

①主に観光客を狙った名物と

②地元民が普段から食べている名物


今回の「中津からあげ」はまさに後者で

長年の地元民に舌によって鍛えられてる感がある


だから名物としての完成度がとても高いし

かなり淘汰と進化が進んでる良い例だと思う


そしてB級グルメの特徴としての

「美味しすぎない」というのが徹底されてて

すなわち、食べやすい・食べ飽きない

そのことに、どこのお店も焦点を置いているところが潔い

(美味しすぎると、食べ飽きやすい)


とにかくどのお店も

「もう一度食べたいなぁー」と思わせる

とても満足なお店巡りでしたww

















すっかり満腹なったあとは

すぐ近くにあるマクドへ潜入


その際もいろんな人に声をかけられながら

ぼちぼちブログの更新


眠たくなったところで

近くの公園に寄って身体を拭いてリフレッシュ

そのまま最寄りの川の河川敷へ向かいテントの幕営


替えの靴下がなくなってしまったから

明日の朝イチで洗濯しようかな

手洗いにするか、コインランドリーに頼るか…

うーん、どっちか悩むけど

まぁ明日の天気を見てから考えよっとw



















旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/506-093069fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。