べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分まで吹っ飛ばす! ~ 5月5~8日(金)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   5 comments   0 trackback





[総日数]     512日(日本橋出発後758日経過)
[今日のルート] 
5日…大分県佐伯市「道の駅かまえ」~佐伯市「番匠川の河川敷」
6日…~津久見市「つくみん公園」
7日…~大分市「白木海岸」
8日…~大分市「ネットカフェ大分駅前店」
[進捗状況]    佐多岬より九州東側から北上中




ーーーーー5日ーーーーー









今日は朝から結構冷える

まぁ耐えれないことはないけど


隣では一緒に泊まっていた「べーやん」が片付けをしてる

どうやらテントのポールが折れたらしく

どうやって直そうかと悩んでるらしい

テントはホームセンターに売ってそうな安いドームテント

うーんやっぱり強度が違うんだなぁー

僕のテントポールは折れる気配すらないぞw
















べーやんのバイクと荷物

これはすごい積載量だなw

やはりデリバリー用のバイクらしく

法定速度30kmらしい…

それでも僕より6倍早いけどw


















僕とは反対回りだから

またどこかで会えそうな感じ

頑張ってねー!


















今日は早めの7:00に出発

夜の間にキリッっと冷えた空気と

徐々に暖まりつつある日光とが合わさって

とても気持ちが良い

















いつもこの時間から歩けたら良いんだけど

なんせ朝が弱いもんだから難しい

















この辺りは複雑な入り江になっていて

波が入ってこないからとても静か



途中、鶴御崎という九州最東端への分岐点があるけど

いろいろ悩んで行かないことに

行くだけでも往復2日かかってしまうし

精神的な負担になってるブログを少しでも消化しておきたい


















今年の旅を始めてから

フルーツグラノーラを行動食として食べているけれど

このグラノーラもメーカーによってスゴく差がある


特にプライベートブランドの安いグラノーラなんかは

ナッツ類はほぼ入ってないし

フルーツグラノーラと書いてるのに

実際には加工された四角のグミみたいのが数個入ってるだけ

あとはほんの少しの押し麦で

98%はフレークと同じ素材の麦大のシリアル


しかもこのシリアル、かなり薄いらしく

半日でもザックにいれておくと勝手に粉砕されてて

食べにくいったらありゃしないw

やっぱり何事も「値段相応」ってことかな
















16:00過ぎには佐伯市に入って

少し離れた郊外にあるマクドへ侵入

そしてブログの鬼となってキーボードを叩き続ける


右斜めには女子中学生がギャーギャー騒いでって

隣には高校生のカップルがイチャイチャしてる

GWってのはこういうのがあるから嫌だわ




晩ごはんがてらマクドのクーポンでポテトを頼んだら

1個の値段でポテトLが2つも届くww

ってかいくら好きでも2つ食べるのはキツいー



夜も更けてきて23:00になったくらでマクドを出発

近くにあった川の河川敷へ

そばが住宅街だけどまぁ大丈夫だろう

残っていた棒ラーメンを食べて横になる











ーーーーー6日ーーーーー







朝はとても良い天気♪

気持ちいいから荷物を干したりして

ついつい遅くなり9:00出発















今日は夕方から雨らしい

早いうちに寝床を確保しておきたい
















昼も過ぎると辺りには雲が集まってきて

あまり宜しくない雲行き















この辺りには集落・駅ごとに公園や緑地があって

どこでも野宿はできそうな雰囲気

なんとも旅人には優しい地域w


今日は疲れが溜まってるのか

歩みがなかなか進まない

少しずつ休憩をしながらポツポツと歩く















18:00頃に津久見市街へ到着

ほんとはここから2時間先にある臼杵まで行きたかったけど

ちょうど良い感じの公園があったから

ここで寝ることにしよう














この「つくみん公園」は最近整備されたようで

遊具も大きくて、トイレや設備も新品のよう

明かりが届かない暗がりにあった東屋を見つけて

そこへテントを広げる











ーーーーー7日ーーーーー









朝は早めの5:00に起きてみると

予報通りの雨

しかも東屋の天井から雨漏りしてるようで

テントが濡れてるやんw


ささっとテントを畳んで朝ごはんを作り

雨が治まった9:00前に出発
















2時間で臼杵市街へ入り

最短距離の道で市街地を抜ける


この道はとても細いけど

「愛媛街道」と呼ばれてる旧街道らしい



調べてみると

愛媛街道は佐賀関からは航路で四国の佐多御崎へ

最終的には高知まで続いてるという


たしか津軽海峡や下関も旧街道だもんな

当時は主に徒歩しかなかったわけだから

航路というのは貴重な交通手段だったに違いない















途中、小学校を通りすぎようとしたら

近くの小学生の女の子達に捕まってしばらく質問攻めw

それにしてもこの辺りの方言はとても可愛らしくて


「この人、歩いて日本一周回ってるっちよ!」

「どのくらいかかるっち?」


とか言われると

思わず「たまごっちかw」とか突っ込みたくなる

どちらにせよスゴく愛嬌のある話し方だなぁー















途中でおじさんから

「暑いだろうからこれで疲れをとってください」と甘夏を頂く

最初はビニール袋に山盛り積めてくれたんだけど

さすがに食べきれないから3つほど頂くことに

















この佐賀関周辺は甘夏の産地のようで

ちょうど今が収穫の真っ最中

歩いてた道路脇にもたくさんなってたなぁ




















今日の目的地である道の駅まで残り1時間というところで

きれいな海岸を発見!

砂浜は少し大きめな白い砂利で敷き詰められていて

海がとてつもなく青く澄んでいる

一瞬で「ここで寝よう!」ということにww
















さっそくテントを建てて晩ごはんの準備をする

海岸で野宿をするには細かい砂より砂利の方が

装備にくっついたり汚れたりするのが少ない


さぁ明日はとうとう大分市街

頑張って歩こう!










ーーーーー8日ーーーーー








今朝は6:00に目が覚めて起きてみると

辺りが霧で真っ白になってる













霧は海まで広がっていて

海岸の正面にあったはずの小島は幻のように霞んで見える

ちょうど真上にある朝日がより辺りを白くさせてるみたい
















はるか遠いほうでは

「ぼぉーー、ぼぉーー」と船の霧笛が聞こえてくる















偶然に見えた幻想的な光景に思わず立ち尽くしてしまう

昨日、ここで泊まっていて良かった
















しばらく魅入っていると霧もすっかり抜けていき

厳しい日差しが差し込んでくる














今日の朝ごはんはコーヒーと昨日頂いた甘夏

んでこの甘夏がスゴく瑞々しくて美味しい!

苦味が少なくて程よく酸味があり、そして甘い















一粒一粒が見事に張っていて

口に入れるとプチプチと弾けるのがわかる


小さいときはクレープフルーツや甘夏は大嫌いで

母親がよく食べてるのをみて

「なんでこんな苦いものを好んで食べるんだ?」とか思っていたけど


今ではもう大好物のひとつでして

この酸味と甘味、苦味のバランスが歩き疲れてる身体に染み渡る


甘夏はソフトボール大の大きさだったけど

ついつい夢中で食べてしまって丸々一個をペロリと平らげてしまう

本当に美味しかったw

















天気は気持ち良いくらいに晴れ渡っていて

それに合わせてか、体調もすこぶる良好


大分までは残り30km

まったく余裕だわw

















海岸線に広がる海はものスゴく青くて

こんなところで海水浴ができた気持ちいいだろうな

と大分県民が羨ましくなってくる


















しばらくして道の駅「佐賀関」に到着

ここは海岸線に面していてとても景色が良い

そばには磯遊びができる海水浴場もあるらしい

















そうそう、佐賀関といったら

全国にも有名な「関さば、関あじ」だけど

食べてみようと思ったらあり得ないくらいに高いw

刺身だけに1500円とかは流石に出ないわw

















ここからしばらくは気持ち良いシーサイド

ヒュンヒュンと風を切りながら軽快に歩く














市街地が見えてきたところで

近所のお母さんが道端で待っていてくれている


立ち止まって話を聞いてみると

現在、姑と夫の介護をしているそうで

今日も二人の「おしも」の世話をしてきた帰りとのこと


話し声はとてもハツラツとしているようでも

顔には少し疲れたような、やつれたような表情が見える


僕は前職の経験上

家族を介護することの辛さや大変さを痛いほど知っている


話だと子供は都内に住んでるらしいから

二人をお母さん一人で看ているっぽい


そんな大変で疲れているときに

わざわざ炎天下のなかを待ってくれて

声をかけてくださったなんて…



「貴方が歩いてるのを見て、感動しました!」

「ぜひとも達成してくださいね!」



そう、微塵も疲れを感じさせまいとしてる笑顔で言われると

申し訳ない気持ちと、表現できないほどの有り難さが相まって

自然と涙ぐんでしまう

















最後に握手をしたときにスッと渡してくれたお札

いつもなら何度か断ってしまうのだけど

今日は素直に受けとる


なんというか

もらうことが必要だったというか

直感的にそう感じた気がするから


とにかくお母さんの割いてくれた貴重な時間のぶんまで

しっかり僕は歩いてお返ししないと!


















夕方前になってようやく大分の中心地に入ってくる

とてつもなく暑かったから

ついついコンビニとかで休憩してしまって

遅くなってしまったw















通りがかったから

ついでの大分県庁攻略!


大分市街は宮崎よりは大きくて

中心の大分駅は先日改装オープンしてようで

すごい人だかりになってる















もちろん僕は近づくわけもなく

本屋さんで登山地図を買って

近くのスターバックスで今後の計画を練る


これからの予定としては

くじゅう連山を縦走をしたいので

内陸の湯布院方面へ向かい


その後一旦大分へ戻り

5月10日の夜光バスで鹿児島へ帰り

5月末まであびーる館のお手伝いをする予定


ということでしばらくは旅中断となりますww

6月からは5月に歩いていたところまで戻って

改めてくじゅう連山の縦走に取りかかりたいと思います!




















そんな感じで夜も更けてきて

今夜は雨の予報だから

もったいないけどネットカフェで寝ることに


大分の大手ネットカフェはポパイしかなくてちょっと高い

だけどシャワーが無料で借りれるところが多いから

差し引きドッコイといったところかも


相変わらずネットカフェのイビキとかに悩まされながら

いつのまにか眠りに落ちる…













※今回、ブログで餞別を頂いたという話を書きましたが
これは僕にとってブログでお伝えしたいと感じたため書いたのもので
普段は頂いたことについては書かないようにしています。

それは日本一周という看板を掲げていることやブログをしていることが
なにか「助けてほしい、恵んでほしい」
という現れと思われたくないという気持ちでして

特に金銭的なものを頂いたことなどをブログで書き連ねていくことは
「いわゆるカンパやお恵みをもらうことが旅の醍醐味」
「もらってばっかりの旅」「他力本願」のように
見てる方が感じてしまわないかと危惧してのことです

もちろん応援の延長線上として何かをいただくことは
それは大小関係なくとても有り難いことですし
これ以上の応援はないものと感謝しています

それと共に、僕自身の旅は「自分の力でやり通すもの」だとも思っていて
少なくとも主体が誰かに頼るという意志ではしたくないです。

そのような意味で、今まで頂いたものについてはあまり書きませんでしたこと
それには理由があったことを改めて説明させていただきました。

とても我が儘なことではありますが
どうぞご容赦いただいて
今後もブログをご贔屓にしていただければ幸いです。





旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

Comment

トミー says... ""
べーすけさんこんにちは、最後の小さい文字のくだりは僕も同感ですね、前も似たようなコメントをしたような気がしますが僕は先般の旅では「日本一周」の看板やら文言やらは掲げていませんでした、それには理由があって一つはあまり目立つような事はしたくないと言う事とあまり興味本位的な感じで話しかけられるのがあまり好きではないと言う事です装備や雰囲気を見れば分かる人は分かりますしそう言った方は大体同じにおいのする人なのでそう言った方にだけ話しかけられたほうが良いのかなと思っています。

僕も先般の旅では色々な方に良くして頂きましたが、ライハ活動をしていて逆の立場になった今応援してくださる方のご厚意は素直に受け取った方がお互い気持ちが良いのかなと思っています、ただおっしゃるとおり僕も「旅は基本的に独力でするもの」と思っていますし援助が前提の旅と言うのは自分はしたくは無いと思っています、ただもちろん人間ですから一人で生きている訳ではないですし僕らのような(同類にしてしまってすいませんw)はみ出し物がやっていけるのも一般社会でご尽力されている方々がいらしゃっての事なのでその事に対する感謝だけは忘れずにいたいものです。

2015.05.30 09:57 | URL | #- [edit]
こう says... ""
初めまして、今日初めてこのブログに出合いました。私もバイクで日本一周をしました。
徒歩と聞いて驚いています。べーすけさんのこれからの旅路をお祈りしております。がんばってください!
2015.05.30 18:32 | URL | #- [edit]
べーすけ says... "Re: "
>トミーさん
人に頼る前提であることと、独力でやっていて頼らなければならなかったところは助けを得るというのでは大きく意味合いや対応も変わってくると思います。他の人の旅自体になにか言うつもりもないですし必要もないと思っていますが、僕自身はそうありたいと思ってます。
2015.05.31 12:11 | URL | #VEUMvR1o [edit]
べーすけ says... "Re: "
>こうサン
コメントありがとうございます!
なかなか更新も滞ってしまうことがあると思いますが、
ボチボチと歩いていますので、またお暇なときにでものぞいてみてください!
2015.05.31 12:13 | URL | #VEUMvR1o [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.06.02 20:09 | | # [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/502-a7a0d832
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。