べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩き旅3年目の装備「食」編

Posted by べーすけ on   0 comments   0 trackback

はーい

べーすけですヽ(・∀・)ノ

















今回は食事関係の装備紹介

サクサクいきますよーww















・クッカー ーーー ユニフレーム 山クッカーM(大鍋(1.2L)のみ、袋込)「137g」 

旅を始めたときから使い続けている鍋

ほぼ毎日使い続けてて、底がペコペコしたりしてるけど

それでもまだまだ現役選手

使ったらちゃんとキレイに洗っていれば

鍋だって長持ちするんだなぁ


登山ではパッキングのしやすい縦長のクッカーが多いんだけど

煮炊きをする場合は平形の方が圧倒的に使いやすい

あと、熱伝導の良いアルミ製の方が僕は好みかな


去年までは大鍋とちょっと小さい中鍋のセットを持っていってたんだけど

ご飯を炊かなくなった今、2つも必要ないということで1つだけ持っていく

ちなみに中鍋だとラーメンとか二人前作れないので大鍋に変更


















・ストーブ ーーー エバニューチタンアルコールストーブ「36g」

今旅でストーブはホント紆余曲折してて

ガスストーブから始まり、2年目はガソリンストーブ

そして3年目はアルコールストーブへ…


アルコールストーブの長所はなんといっても「軽さ」

本体だけなら36gという驚異的に軽い

去年のガソリンストーブに比べて整備品を含めると1kgは軽いかも

しかも構造が単純だからメンテナンスはほぼ不要w

ということは、その他整備品もいらないということですねー


あと、地味なメリットとしては

ほぼ無音で火も小さいから道の駅とかで使ってても

特に怒られたり言われたりしないということ

去年のガソリンストーブではどれほど気にしていたかww


これだけ聞くとめっちゃ良いイメージだけど

デメリットはもちろんたくさんあるw


まずは燃料費が半端ない!

燃料は主に薬局で売ってる燃料用アルコールなんだけど

地方で買うと500mlで500円という、まさにリッター1000円ww

ガソリンストーブはリッター80円くらいだったから

10倍以上かかってしまう
















あと火力もなくて燃費が悪いと言われていたんだけど

実際使ってみると

400mlの水を沸かすのにはアルコール20mlくらいで済むし

ちゃんと風よけをしていれば問題無さそう

寒さについては…冬になってみないとわからんなぁー



今んところ、一ヶ月でアルコールを1000mlくらい使ったから

信じられないほどの値段でもない

まぁ日々の荷物が軽くなるんだったら

これくらいの出費は全然痛くないわーww


ちなみにこのエバニューのストーブは

チタン製で軽さを最優先した製品

燃費や使い勝手はもっと良いものがあるらしいけど

今んところ特に困ったことはないからコレがベストバイだったと思う















・五徳 ーーー エバニューチタン五徳「16g」

エバニューアルコールストーブで使用する純正品

肉抜きした板状のものをクロスしてストーブに乗せるというもの


まぁとにかく軽い。

それに尽きますよねww

でも以外に丈夫で、手でも曲がらない


あと、ちょっと五徳が小さいかなと思ってたんだけど

ちゃんと平地に置いて使用してたら問題無さそう
















・風防 ーーー MSR付属風防(適度にカット、留ゴム込)「39g」

風に弱いアルコールストーブには風防が必須でして

ガソリンストーブで付属していたヤツを再利用

酸素の循環を良くするために

風防の下側をポンチで穴を開けてみた


普段は燃料ボトルに巻き付けて保管

まぁちょっと重たいけど、問題ないかな




・耐熱シート ーーー 100均「42g」

去年から使ってる100均の耐熱シート

ちょい重たいけど、まぁいいでしょうw


今はクッカーの大きさに丸くカットして

収納しやすくしてます



・軍手(防寒用も兼ねて) ーーー 「40g」

アルコールストーブは加熱後もしばらく熱いから

軍手を使って片付けたりする

ついでにストーブや五徳を保護するためにも使用



・ライター ーーー BIG mini「14g」

登山者が絶大な信頼を寄せているといわれるBicのライター

邦人初8000m14座を登った竹内洋岳さんも絶賛してるとか


とにかく小さいし、故障が少ない

そして3000回の着火保証

これに勝るものはないですよねー
















・燃料ボトル ーーー ナルゲンボトル1.0L「180g」

「絶対に漏れない」と豪語するナルゲンさんの細口タイプ


ウルトラライトパッキングをしている人の装備を見ると

燃料ボトルはペットボトルを使ってることが多い

もちろんそっちの方が半分以上軽いんだけど

長期間使用したときの耐久性がちょっとこわい


重たくはなるんだけど

今んところこれが一番良いのかなぁ


ちなみに

燃料がアルコールだとガス缶のようにかさ張らないし

ガソリンのように臭くもならず結構快適ですよーw


















・食糧用スタッフサック ーーーー グラナイトギア 11L「26g」

普通に食料をいれる袋

今年は行動食としてフルーツグラノーラを小分けして使ってるから

こういう袋があると結構便利だったりする














・カトラリー ーーー snowpeakスクー、チタンスプーン(ケース込)「41g」

これまた最初から使ってるチタン食器

割り箸使うより、こっちのほうが気持ち的にもエコだよねw














・コッヘル ーーー ユニフレーム チタンコッヘル(カラビナ込)「62g」 

コーヒーを飲んだりするときのコップ

あとは目盛りが付いてるから計量カップ代わりにも

カラビナが無駄なような気もするけど

ザックに引っ掻けておくにはこれが必要













・給水ボトル ーーー プラティパス 2.5L「37g」

食事を作るときの水を運ぶソフト水筒

これがなかったらホントに不便になる

毎日使うから経年劣化が激しくて、今回で買い換え3回目


・塩入れ ーーー ナルゲン30ml「11g」      

何気に塩は良く使う

パスタを茹でるときとか、お刺身食べるときとか。

あとは猛暑日で汗かきまくったときに

ペロッと舐めると元気が出る




こんな感じで「食」編はおしまい

次は歩いてるときに使用している装備「着用装備」を紹介します!

お楽しみにーw










旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/491-e212d28b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。