べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 4月13日(月)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   1 comments   0 trackback





[総日数]     487日(日本橋出発後733日経過)
[今日のルート]  鹿児島県垂水市「道の駅たるみず」~鹿児島市「溶岩なぎさ公園」
[進捗状況]    3年目突入!九州を半時計回りで歩いてます






越冬中のあびーる館で言われたことだけど

僕が寝ているときは

体を傾けることなく、ピンと真っ直ぐになって寝てるらしい…

もしくは手を胸元で重ねる「ファラオ」スタイルだったとかww


さすが、べーすけ。

旅を続けすぎて王族になってしまった(^^)


ちなみにあだ名は「マッチ棒」でした…涙



旅中は狭いテントの中で寝袋に入ってるから

ほぼ寝返りが打てないんだよね

だから真っ直ぐ不動だったのかもw




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー














昨夜の暴風はかなりキツかったけど

道の駅の職員さんにベストポジションを教えてもらって

事なきを得たという感じ


朝は6:00頃に起きたんだけど

すでに職員さんが掃除とかしていてワタワタw

ササっと味噌汁だけつくってテントの撤収


そういえば、撤収についても

荷物の全体量が減ったことで

かなり時間短縮になった気がする

たぶん去年の倍くらいになったんじゃないかな


でも今現在は特に

「あれがなくて困った」ってことも起きてないわけで

やっぱり不用意なものをたくさん詰め込んでたんだなぁ

















特にアルコールストーブについては

不安要素が大きかったものの

想像以上の働きをしてくれていて

自分でもビックリしてる

















これは昨夜の即席麺を作ってるところだけど

強風が吹くなかでの調理でも

風に煽られることなくこの火力w

グツグツしてますよー


まぁ具体的な装備の紹介はまた後日させてもらいますのでww
















泊まっていた道の駅「たるみず」は桜島のすぐそばにあって

天気が良かったら素晴らしい景色らしい

まぁ晴れていたらの話だけど


















歩き始めたら風はほとんど落ち着いて

昨日の暴風雨が嘘のよう

ラッキーw



だけど30分くらいして無性にソワソワしはじめて

堪えかねてザックのなかを確認

だって去年よりも大幅に軽くなったから

忘れ物をしたんじゃないかと思っちゃうんだよねww

案の定、すべての装備が入ってるようで一安心♪

















桜島にどんどん近づいていって


















1時間ほどで桜島入口に到着

実はこの場所、以前は海底だったんだけど

大正の大噴火の際に流れ出た溶岩によって埋め立てられて

離島だった桜島が陸続きになったんだそう

なんだかスケールのデカイ話だねぇ~


今日はここから桜島に入って

桜島観光をしようと思います!


















桜島に入ってまず通るのが「溶岩道路」

これまた大正の大噴火で流れ出た溶岩の上を通るらしい


左下の標識がなんだかこえーなw


















溶岩道路というと

不毛の大地にゴツゴツした岩がたくさんあるって言う雰囲気だけど

そんなこともなく、広大な松林が広がってる















そんな松林の隙間から白い岩がボコボコっと出てる

ちょっと進んだ先にある溶岩展望台にいくと














おおっ!

なんだかジュラシックパークみたいだw
































高台からの景色は最高とのことだけど

東屋に入った辺りから雨が降りだしてきて

しばらくするとどしゃ降りに…

これじゃあ景色が良いとか関係ないね



雨が治まるのを確認して

再び歩き出す


















そのあともぐずついた天気は続くものの

なんとか雨は持ちこたえてくれてる

















道路脇をみると

なんかちっちゃいトンネルみたいのがある


これは避難壕といって

もし突然、火山が噴火して火山弾とか飛んできたら

ここへ逃げなさいよ、というやつらしい


でもホントに噴火したら

この中へ行くより、桜島から脱出したくなるよな…

ってか避難壕が近くになかったら終わりだよねw

















しばらくして桜島の沿岸を通る国道から逸れて山道へ

桜島というのは活火山のため登山はできないけど

300mくらいまでは展望台があって登れるらしい

(桜島の標高は1000mちょい)


もちろんその展望台まではバスが走ってるんだけど

歩き人としては歩いて登らなければ!

















だけどさっきまで雨が降ってたドス黒い曇り空なワケで

登りきっても良い景色が見えるはずもない

まぁこれは「意地」ですねww
















坂道自体はそこまで急ではなく

比較的楽に歩くことが出来るかな
















当然のように火山灰は半端ないみたいで

黒いアスファルトがすっかり灰色になってる

















途中で3回くらいバスが横切ったときには

火山灰が舞い上がってすごいことにww

ゴホゴホ。
















登りはじめて1時間で湯之平展望台に到着するけど















ぜんぜん景色見えねーww



んで、極度の筋肉痛を酷使し続けて

さらには坂道を登ったと言う反動からか

両足がくっそ痛い!


特に左膝からスネにかけてが歩くたびにつりそう…

痛すぎてしょうがないから

展望台の売店でポテチとスコールを飲んで落ち着かせる(おいww)
















30分くらいゆっくりしたあとで下山を始めるも

左膝が笑いすぎてコケそう


そんな感じで庇いながら変な歩き方をしてると

とうとう右足の小指と拇趾丘にあったマメが爆発!



「ぎゃぁああああ!」

衝撃的な痛さで火山灰が積もった道路でノタウチ回る


このままもう歩きたくないけれど

下山しなければ食料や水は手に入らない


仕方ないから

20歩ごとに休憩しながら

ゆっくりと下山をすることに



















結局1時間もかからないところを

2時間もかけてようやく下山


でも痛みは絶好調なようで

プルプル足が生まれたての小鹿のみたいになってる


とにかく右足のマメだけでも痛くなければ…と思って

サンダルに履き替えると

ありがたいことに少し和らぐ!


よし、これならもうちょい歩ける!

















ようやく見えてきた桜島港からは

間近に見える鹿児島市街と往復するフェリーが見える



















このフェリーは15分おきに24時間運行しているとのこと

そりゃスゴいなw


桜島港周辺にはAコープやファミマがあるため

晩ごはんをちょっくら購入


今晩の寝床は近くにある道の駅「桜島」にしようと思ったんだけど

行ってみたら営業してんのかどうかわかんないくらい

廃墟みたいになっていたためパス(職員さんすいません…)



















次に行ってみた「溶岩なぎさ公園」というのがとても良い感じで

広々とした芝生が海に面していて

鹿児島市街が一望できるし


源泉掛け流しの足湯が100mくらいあって

足を癒しながら絶景が見えるという素晴らしいところ

残念ながら僕が到着したころには

足湯のお湯が無くなっていて入れなかったけど。

(利用は日没まで)


















そしてちょっと高台にある大きな東屋からの景色が最高!


































一気に足の痛みも吹っ飛んだみたいw

旅が終わってからも一度は立ち寄ってみたいところだなぁー

















そんな感じで綺麗な夜景を見ながら

テントで横になる


今日は天気が悪かったり、足が痛かったりと

ちょっと辛いことがあったけれど

そういうこともこんな素晴らしい景色を見るための

一つのスパイスみたいなもんなんだよなぁー


そう考えると

多少の苦痛も受け入れられそうな気がするわー


さぁ明日も頑張って歩きますか。

そのころには足の痛みが治まってますように…








旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/470-e0a687f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。