べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の歩き方 ~ 12月7~9日(火)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   11 comments   0 trackback






[総日数]     476日(日本橋出発後626日経過)
[今日のルート]  
7日…鹿児島県薩摩郡さつま町「あびーる館」~薩摩川内市「川内川の河川敷」
8日…~いちき串木野市「江口海水浴場」
9日…~南さつま市「吹上浜海浜公園」
[進捗状況]    九州を半時計回りで周遊中…






ーーーーー7日ーーーーー




今日であびーる館滞在も3日目

さすがにそろそろ出発しないと根っこが生えてしまいそう

















とりあえずは顔を洗おうと外に出ると…寒い。

とにかく底冷えするような寒さが漂ってる

北海道じゃあるまいし…


あとで聞いた話だけど

このさつま町は「鹿児島の北海道」と言われているくらい寒いらしく

今朝も氷点下になっていたんだそう

















窓を開けると見える大きな川からは湯気が立ってるし

芝生にはうっすらと霜が降りてるみたい


去年の冬季バイトは寒さに苦しみまくったから

今年こそ暖かいところでヌクヌクしようと思っていたのに

さっそく出鼻を挫かれそう…涙

まぁ北海道の「ソレ」とはぜんぜん違いはあるんだけどね

















朝ごはんは奥さんが隣の自宅から持ってきてくださる

ご飯も山盛りですっかり満腹に

















そして9:00ごろに歩いて10分くらいのあびーる館へ向かう

すると奥さんとY兄さんが迎えてくださっていて

出発前に番頭のお姉さんと一緒に記念撮影w


















あいかわらず面白い奥さんに見送られながら出発

それじゃあもう少し歩いてきます!

















今日は朝から良い天気

空気は冷たいけど日差しを浴びて暖かい


早速、歩き始めて30分で車に声をかけられる

「以前、歩いて旅をしてる方の講演を聞いて

そこで購入した本にサインしてもらったんですよー」とのこと


ん!?

僕の記憶からして多分…フミさん?

フミさん、この界隈では有名人になってるようですよww

















先日遊びにいった宮之城温泉を過ぎて

国道267を合流したあとはひたすら南西を下っていく


















夕方前には薩摩川内の市街に到着

そういえば「薩摩川内」って何て読むと思います?

僕は最初「カワウチ」か「カワチ」かなと思ってたんだけど

正解は「センダイ」なんですよw

さすがに出てこないなぁー

かといって「杜の都」と呼ばれる「仙台」と似てる訳でもないです


※調べたところ、どうやらここが九州の中心で

ニニギノミコトがこの地へ皇居を設置する際に

「千の台を作るように命じた」ことが由来となってるとのこと

だから以前は仙台や千台とも書かれていたらしい

(ニニギノミコトについては違うところでまとめます)
















とりあえずは市街地を北に2kmほど逆送して

お目当ての旅人の味方、マクドナルドへお邪魔

しばらくブログの更新に明け暮れる


たぶんこのあと田舎へ入るから電源の確保が難しくなってくる

ブログの更新もできなくなるだろうから

できるだけ今のうちに打ち込んでおきたい



21:00くらいで切り上げてからは

再び南下して寝れそうなところを探しながら徘徊する

すると国道3号線と川内川が交わる橋の下がよさそうな感じだから

朝方結露で濡れにくそうな場所へテントを張る


















ーーーーー8日ーーーーー








今日も朝から空気が冷たい…

ついつい朝ごはんを作るついでにストーブでホカホカとゆっくりしてしまって

遅めの10:00に出発

















朝はものすごく天気いい

山手のバイパスを気持ちよく歩く


















だけど昼前になってくると

次第に雲が流れてきて


















峠に入ったところで急に雨が!!

びっくりしてたまたま近くにあった「木場茶屋駅」に逃げ込む

ちょうどここで降りだして良かった…


そのあとは本降りになってしまって

駅の待合スペースで2時間ほど足止め

まぁ旅先ではこんなこともあるさ

と諦めて今後のルートを考えたりして過ごす

ようやく雨が弱まったところで傘をさして歩き出す



















途中で薩摩街道の出水筋を見つける

ちなみに今通ってるのは博多から鹿児島までを貫く

九州で一番大きな国道3号線

そんな主要な街道でもこんな道だったってことだもんな

(基本的に主要な国道はバイパスやトンネル以外は街道を沿って進んでる)

















いちき串木野市に入ると

至るところに「焼酎蔵」と思われる蒸留所がある


いつもの僕だったら「ヒャッハー!」と試飲しまくるところなんだけど

実は…焼酎はイマイチ得意ではないんです…汗

















日本酒やリキュール、ワインやウィスキーは大好きなんだけど

この焼酎だけはなかなかグイグイと飲めない


なんというか…香りが薄いわりに「カッ!」と来るところが

ただアルコールを飲んでるような気がして

あとは水割りやお湯割りというのも得意ではないかな

(僕は基本どのお酒もストレートかオンザロック)


でもこの九州を歩いているときに見るのは

ほぼ100%「焼酎」でして

特に鹿児島に入ってからは

お店でもご自宅でも日本酒を見たことない


もちろんあびーる館でお邪魔したときも

芋焼酎を出されてしまって

「すいません、焼酎はあまり飲めないんです…」といってしまう始末。

酒飲み公言してる僕としてあってはならない状態…涙


結局そのときは気を遣っていただいて

ビールやウィスキーをメインで飲ませてもらってました


もちろんこのままでは「べーすけ」の名が廃るわけで

この九州にいる間(あびーる館での滞在も)に焼酎大好き人間になることを誓います!

もし来年の出発時に焼酎を片手にラッパ飲みしてなかったら

本州にもどっても日本酒の「酒蔵巡り」をしません!

それぐらいの決意を持って焼酎と真っ向勝負したいと思っていますのでw





















夕方になるとようやく雲も少しずつ抜けてきて

それとともに冷気が空から音もなくゆっくりと降りてくるのがわかる


















20:00くらいに市街からは10kmほど離れた

「江口海水浴場」へ到着

ここは地元の方からトイレと水があるよ、と教えてもらっていたところで

ついでに「海沿いだから寒いよ」と釘は刺されたけれど

まぁこんくらいの寒さの方が寝袋に入ったときの幸福感は大きいしねw


すぐ近くには蓬莱館という物産館もあり

昼間であれば食料なども調達できそうな感じ


明日の天気は晴れるようなので

結露を防げそうで見晴らしの良い屋根の下にテントを建てて

ストーブに火をつける

ここだったら誰にも気兼ねなくストーブが炊けるからいいね

















ーーーーー9日ーーーーー








今日も朝から空気が冷たい

そとへ置いていた温度計を見てみると…5℃!?

これだったら普通に大阪の方が暖かいぞw

















寒い寒い…とストーブに当たりながら地元の散歩の人とお話しをしていると

どうやらこの辺りでも山間部になれば雪が降るらしい

あの有名な南端にある開聞岳や桜島も雪化粧になったりするとのこと

うーん、そんなイメージないけどなぁー


そして「三月の戻り雪」という冷え込みを境にゆっくりと暖かくなり

鹿児島は春になっていくんだそう

なんか、素敵な日本語だね

こんな話も地元の方との何気ない触れ合いがあるからこそ


最近はネットなどを使って自分一人で情報を入手することができるから

旅自体の難易度というか敷居は低くなってる

まぁ旅人が増えることがありがたいことではあるんだけど

安易にそうした便利ツールを使いすぎないというのも大事だと思っていて

ネットや便利マップなどはあくまでも旅を「安全かつ快適に」するための一つの道具であって

旅の大切な要素である「地元の方との出会い」を減らしてしまうのは本当に勿体ない


もし出会いがない旅であるなら

それはほぼ「普通に観光旅行しているのと一緒」と言っても過言ではない

野宿自体だったらキャンプでも出来るしね

















となりにあった蓬莱館(物産館)で買い物をするため荷物を下ろしてみたら

なんとショルダーパットの付け根が千切れかかってるじゃないですか!

















最近右肩だけ痛いなぁとは思っていたけど

これが原因だったとは…


















ショルダーベルトの故障は今回が2回目

1回目は札幌でベルトの調節部分が摩擦で千切れてしまったんだけど
(当時のブログ→http://besukesuke.blog.fc2.com/blog-entry-294.html)


あれはベルト部分を繋ぎ合わせれば元通りになったんだよね

だけど今回の付け根部分は…これ直るの?

















ここで直そうにも肩への荷重を支える場所だから

簡単な裁縫ではどうしようもない


今んところすぐには千切れそうにはないから

とにかく早いこと今年の歩行を終わりにしてしまおう




















出発してからはしばらく海沿いのシーサイドラインを歩く

この辺りはキレイに整備してあるし

まさに亜熱帯植物的な植物がたくさん植えてある…ソテツだっけ?



















そして2時間ほど歩いてからは海が見えない内陸

この辺りからの浜辺は「吹上浜」といって

幅4km、長さ47kmmもある日本三大砂丘

長さでは日本一らしい


そしてこの辺りはウミガメの産卵場所でもあって

車両の乗り上げも禁止されているとのこと


どうせなら歩いてみたいんだけど

国道から1時間以上寄り道することになるし

もし浜辺を歩けない状態なら再び戻らなきゃいけない

2時間以上のロスはさすがにキツイ


















途中で見かけたのはこの祠

「西行石」と名付けられたもので

その由縁というのは…

















有名な歌人である西行法師が諸国遍歴の際

この石で腰を掛けて休んでいたところ

地元の子どもが天秤棒と鎌を持ってやって来た


行き先を尋ねると「冬立ち草の夏枯れ草を刈りにいく」とのこと

西行はその意味が分からず、しばらく石に座って休んでいると

子供は天秤に小麦を積んで戻ってきた


そうか「夏枯れ草」とは小麦のことだったか

こんな田舎にも風流な言葉があるものだ、と感心して

これからの旅先でどれほど恥ずかしいことがあるだろうと

不安になり引き返したという



なんとも素敵な情景ですねー

これが作り話だとしても

こんな素敵な言い回しを今の子どもは考え付くだろうか

いや、今の大人でさえ思い付かないんじゃないかな


現代ほど遊ぶものが少なかった当時では

言葉遊びみたいな感じで親しまれていたのかもしれない


まぁわざわざ薩摩まで歩いてきた西行さんが

「そんじゃ帰りますわーw」と途中で引き返してしまうなんてことはないと思うけど

歌人としては「やられた!」ということだったんだろう


そして西行さんはもちろん徒歩での旅だったわけで

僕も同じように地元の方と話し、たくさんのことを学ぶことができている

旅先で人と触れあい、お互いの文化を通わせていく

これが日本古来の「旅の仕方」なんだと思う

今朝もふとした出会いで「3月の戻り雪」という素敵な言葉を教えてもらったしね


現代はといえば

基本、自分の知らない人とは話をしない

都会の子どもなんかは治安が悪くなってるから

「出会った人と挨拶をするな」と習わされていることもあるという


もちろんそれじゃあ全くの逆効果なわけで

全員がお互いに挨拶をすれば地域の人たちの顔ぶれだってわかってくる

常日頃にお互いを確認することで

見知らぬ人とか、不審者を早く見つけるきっかけにもなると思う

自分達の「疑心暗鬼」が自らを貶めているというのに気づいてない


ついでにこの話で一番面白いと思うのが

子どもを積極的に挨拶するように運動している地域でも

「子どもの親(大人)は全くもって挨拶しない」ということ

特に学校の先生なんかはほとんど挨拶なんかしてこない

これじゃあ挨拶運動が浸透するわけないw

本末転倒とはこのことだよねww


※ちなみにこの「西行石」というのは日本各地にあるようで

「西行戻り石」などとも呼ばれているそうです


















続いて左手に見えてきたのは

田舎には馴染まない朱色が映える「大牟汝遅神社」

これはオオムナヂと言って、古事記に出てくる神様の名前

オオムナヂはオオクニヌシと同一視されていて

スクナヒコナと一緒に国の繁栄に努めたといわれている

















そうそう

この辺りは天孫降臨としても有名なところで

こうして日本神話の神様が出てくるのも不思議じゃないのかも


しかし現在の神社でオオムナヂを奉る神社は少なくって

この神社は結構珍しいんじゃないかな

まぁ詳しいことはわからんから説明できないんだけどw


















しばらくして吹上温泉の中心地に到着

ちょうどファミマもあったからここで5食分の食料を購入

明日からは過疎地域に入っていくから買いだめしておこう


このまま国道を南下して南さつま町の市街地に行けばスーパーはあるんだけど

5km以上遠回りすることになるから

ここからは海沿いの「自転車専用道」を歩くことに


















自転車道は住宅地と砂浜で挟まれた松林の中にあって

日も入らないジメジメした感じ

そして道路には松葉や枯れ木が落ちていて

ちょっと整備が行き届いていないかな

ロードレーサーとかは難しいかも


































夕暮れも近づくなか

誰もいない林の一本道をひたすらに歩いていく


19:00頃に県立吹上浜海浜公園に到着

今日はこの辺りで寝ようと思うんだけど

公園の中心辺りにはオートキャンプ場があるから

あまり近づかないように気を付けないといけない


するとちょうど公園の隅っこにトイレと東屋を発見

辺りは民家とも離れていて真っ暗だけど

まぁこういうのは慣れたもの

東屋の下にササッとテントを建ててストーブに火をつける


さぁ明日からは今年最後の難所と思われる

「野間岬」を目指して頑張ろう!








旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

Comment

深谷ねぎ says... ""
こんにちは
12月になって、強い寒波が何度もやってきて、雪の桜島の写真がニュースに出たりしています。
べーすけさんがいる、鹿児島も寒そうです。
アビール館の記事から、1週間ほど更新が無くて、ちょっと心配でした。
今頃は、そろそろアビール館に戻っているのかな。
ブログを見るだけの毎日ですが、寒くなって、旅をしている人も少なくなって、ちょっと寂しいです。
2014.12.22 16:18 | URL | #- [edit]
エルゴサイザー says... ""
べーすけさーん
こ・ん・に・ち・わ!

もう九州も冬って感じだと思いますが、たまに暖かい日もありますよね

んで次の日が寒い日だと余計に寒く感じたりして……

なかなか大変ですよね!

九州は、麦大分、芋鹿児島、そば宮崎
らしいです!

べーすけさん的にも邪道だと思うんですが、炭酸割りとかにして飲みやすくするのはどうでしょう

大分では、柑橘類を絞ってサワーにして飲むのも一般的だとききました
2014.12.22 18:28 | URL | #3hLxF2iE [edit]
トミー says... ""
べーすけさんこんにちは、深谷ねぎさんと同じく少々間が空いたので(皮肉ではないですよ(爆))心配していました。
テントを張ってストーブを炊いてホカホカと言うのが去年の僕も全く同じ状況だったので非常に記事を読んで懐かしく思いました。

小さいテントの中だと小型ガスバーナーくらいの炎でも本当に暖かくなりますよね、そして暖かい物を食べると元気が出てくる気がします。

相棒のザックが心配ですね、次のシーズンまでには解決するとよいですが・・・・。
2014.12.22 21:29 | URL | #- [edit]
みっちゃん says... ""
以前何度かコメント差し上げましたみっちゃんと申します。

ショルダー部分の修理ですが、物を実際に見ないとはっきり言えませんが、ウチで直せる可能性が高いです。
もともとスカイスポーツ用品の製造を本業としてやっていますから、高強度の縫製は得意です。
素材なども写真を見る限り色違いではありますが、ほぼ同じものを在庫しています。

もちろん無償で対応しますので、お役に立てそうならば遠慮なくご連絡ください!

2014.12.22 21:30 | URL | #- [edit]
mishima says... ""
べーすけさんこんばんは。

焼酎飲めないと南九州の宴会はなかなかつらいですね。。
どうか自分好みの飲み方を開拓してください!
やっぱり薄めて柑橘系で紛らわすのがいいのかな?

泡盛は大丈夫ですか??
沖縄行くと都会ならオリオンビールという手もありますが、
離島だと完全に泡盛の酒盛りですよ~。
2014.12.22 22:47 | URL | #- [edit]
べーすけ says... "Re: "
>深谷ねぎさん
とにかく鹿児島は寒いです…
お察しの通り、あびーる館にいるのですが
ここは特に寒くて毎日コタツの中で丸くなっていますw

旅人の行動範囲がワールドワイドになれば四季なんて関係ないのですが
やはり日本国内だと冬は厳しいのかもしれません
まぁ旅人にも休息を与えてあげましょうww
2014.12.24 10:47 | URL | #VEUMvR1o [edit]
べーすけ says... "Re: "
>エルゴくん
まぁ寒いと言っても北海道に比べたら…ww
冬の北海道では春頃に0℃になったら「暑いわー」とか言ってたしw
(1月からはずっと氷点下になる)
米焼酎はお米の香りがあるから結構のみやすいんだよねー
芋や麦はレモンを入れてロックで飲んでたかなぁー
でも最終的にはお湯割りで飲めるようになりたいねw

2014.12.24 10:51 | URL | #VEUMvR1o [edit]
べーすけ says... "Re: "
>トミーさん
今年は何度か「テント要らないんじゃないか」症候群に陥っていましたが、
今もその症状がでているところでして
少なくともダブルウォールテントは重たいのでは?と
来年の装備について色々考えています。

今んところ、そろそろ今のテントのバスタブ(床部分)が磨耗しているため
次の登山の前にはテント本体だけのパーツ買い換えは最低しないといけない状態でして
どうせならテント自体も違うものに変えてしまおうかと企んでいますw

2014.12.24 10:56 | URL | #VEUMvR1o [edit]
べーすけ says... "Re: "
>みっちゃんさん
以前は札幌でショルダーハーネスのコードが切れたときにお声掛していただきましたよねw
いつもありがとうございます!
今回はみっちゃんさんに是非ともお願いしたいです!

破損部分はハーネス付け根の糸切れによるものと思いますが
裁縫に関しては全くの素人なので詳しいことはわかりません…
コメントを戴くまで買い換えようと思っていたので、ホント助かりました!
できれば今旅の最後まで使いたかったので…

次回使用するのは3月になってからだと思いますので、
配送先などを教えてください!
また、メールアドレスは「管理者のみ閲覧」のコメントでお願いします!
2014.12.24 11:04 | URL | #VEUMvR1o [edit]
べーすけ says... "Re: "
>mishimaさん
焼酎も泡盛も得意ではないです…汗
どちらかというと薫りが強いものだったらイケるのですが
(ウィスキーやワイン、その他リキュール類)
まだ焼酎の香りには慣れてない感じです

とにかくたくさん飲んでいけば美味しくなると思いますので
宴会では積極的に挑んでいこうと思います!
2014.12.24 11:09 | URL | #VEUMvR1o [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.12.25 09:05 | | # [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/458-fe2f4133
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。