べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天草の悲劇とその後 ~ 11月28~30日(日)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   4 comments   0 trackback






[総日数]     467日(日本橋出発後617日経過)
[今日のルート]  
28日…熊本県上天草市「松島総合運動公園」~天草市「道の駅有明」
29日…~天草市「ヨネケンさん宅」
30日…上記と同じ
[進捗状況]    九州を半時計回りで周遊中…





ーーーーー28日ーーーーー







今朝はなんだか異様に寒い…

しかも東屋の下で寝てたのに寝袋に朝露が降りてきてる


いやはやテントを建てた方がよかったかなと思いながら

寝袋にくるまってストーブに火をつける



















朝の天気は青空が見えてて良い感じ

だけど、午後から雨が降るという予報が出てる


まぁ昨日は40km以上歩いたから

今日のところは短めにして早めに休息することにしよう
















歩いて一時間くらいで目の前に軽トラが止まり

「これ!疲れとれるから持っていき!」

とレモン5個、シークヮーサー20個くらいをもらう


ヒャッハーーー!!

どうやって食べようかぁーーーww


たしか無農薬って言ってたし

国産でこんなきれいなレモンはなかなか手に入らない

ちょっとどうやって食べようか考えよ…


















スライスレモンを水筒にいれて水をスッキリ飲みやすくしようか

それとも1リットルの水筒にレモンと砂糖をいれてレモンの砂糖漬けにするか

あと、最近は「塩レモン」っても流行ってるらしいしな…

そんなことをずっと考えながら歩いていく


















やっぱり昨日の疲れがあってか身体がダルい

こまめに休憩しながらシークヮーサーをかじる(もちろんすっぱい!)















15:00キレイな海岸に出たと思ったら

















そのまま道の駅有明に到着

ちょうど雨もポツポツ降ってきていて

ナイスなタイミング


















この道の駅には温泉が併設されていて

500円でゆっくりできる

とりあえず昨日の疲れを取るためにゆっくり入って休憩室でくつろぐ


21:00に羽生結弦のフィギュアを確認してから(おばさま方はは終始絶叫してたw)

温泉施設を出て寝床を探す
















今夜は道の駅の職員さんが「今夜は雨だからここで泊まっていきなさい」と

施設内の屋根下を教えてくれる

こういうのはホントに助かります!


そんなありがたさを感じながら

雨風が強くなっていくなかでベンチに敷いた寝袋に入り横になる




















ーーーーー29日ーーーーー








昨夜の風雨はかなり強くて

しっかりとした屋根下じゃなかったら

濡れてるところだった…ここでよかったw


6:00くらいには掃除の職員さんがやって来たから

ストーブを炊くことができず

朝ごはんを食べないまま歩き始める

















相変わらずレモンとシークヮーサーが背中に乗っていて

+3kgくらい重い…

まぁザックの中は爽やかな香りになっていいんだけどww


















昼過ぎに大きな瀬戸大橋を越えて(岡山のそれとは比べ物にはならないけど)

天草市の中心地、本渡へ到着

















ここにはマクドやカフェなどのある比較的大きな街なんだけど

天草といったらキリシタン文化の代名詞みたいなところ

それを勉強しない手はないですよねw

ということでまずは観光案内所で情報収集


















するとポルトと言われる交流施設には多くの人が

どうやらクリスマスのワークショップをやってるみたい



観光協会の人もサンタ姿で

ちょっと早いんじゃないですか?というと

どうやら今夜本渡でクリスマスイルミネーションの点灯式があるとのこと

おお!ナイスタイミングだわww

ほんなら、それまでは天草観光をしましょうか
















まずは天草キリシタン館へ

ここは天草・島原の乱について学べるところ

どうやら撮影は禁止されてるようなので写真はありませんが

天草・島原の乱を説明しますと



①天草と島原にはカトリックのキリスト教が浸透

たくさんの農民や武士、大名も信者になってた


②そのころ3年にも続いた凶作や

新しくやって来た藩主の厳しい年貢の取り立てに農民は苦しんでて

さらにはキリスト信者へも強い弾圧があった


③農民になっていた浪人などが主導となり組織を結成

当時カリスマ的人気のあった天草四郎を総大将とした37,000人は一揆を起こし

役人や奉行所、城などに攻め入る


④事の重大さに気づいた幕府は大規模な九州討伐軍を結成

120,000人にも及ぶ軍勢は一揆軍が籠城していた島津城を包囲し

兵糧攻めの上に総攻撃し、内通者1人を除き全滅させた



えーと、僕はこの乱について勉強して思ったのは

天草・島原の乱は「宗教弾圧の反乱」が根本ではなかった、ということ


あくまでも引き金になったのは「悪政による生活困窮」であって

実際に一揆に参加した人の中にはキリシタンではない者もいたというから

キリスト教というのは団結する一つのシンボルのようなものだったんだろう


島津城での籠城の際に交わされた一揆側の文矢には

「万物皆平等」みたいな文章も送られてきたというから

キリスト教の影響は少なからず受けていると思う




皆さんはこの話を聞いてどう思うでしょうか?

とても悲しい話とかキリシタンには辛い過去があったんだなと思う人もいるかもしれない

でも僕は、これは日本(幕府)として必然だったのではないかと思ってます





というのはきっかけは悪政であったとしても

キリスト教というシンボルによって市民が団結し

九州諸藩を巻き込むような大きな反乱に繋がったわけで


幕府側はその反乱事態の深刻さというよりは

この反乱を機にキリスト教の更なる普及による幕府体制への不満が広まるんではないか

という潜在的な脅威の方を懸念していたんだと思う


実際に天草・島原の乱のあと

ご存じの通り長崎出島のみでオランダとの鎖国を行うようになったし
(オランダはキリスト教を広めなかった)

踏み絵などでキリスト教を強く禁止したわけでして

それほど「宗教の脅威」というのが間近になっていたんじゃないかと思う

※ちなみに天草は一揆後に「幕府直轄領(天領)」になって禅の普及が行われた







今までにも日本国内では宗教による反乱というのがたくさんあったわけで

そのほとんどが仏教によるものなんだけど(一向一揆など)

大義名分や反乱自体が良いか悪いかはさておき、

宗教による団結力や死をも恐れない信仰心というのは

ムーヴメントになって日本国内を動かしてきた


世界を見てみれば、現在の中東情勢なんかは

紀元前から続く宗教戦争みたいなもんだし

それだけ人間が信じる宗教の意味や力というのは大きいものがある


特にキリスト教というのは世界で一番信者の多い宗教で

それだけ信仰心の強さと魅力があるものだと思う
(僕はクリスチャンじゃないからわからんけど)







そんな強大な宗教であるキリスト教が

「もし、天草・島原の乱以降も鎖国をせずに日本に普及し続けていたら」

どうなっていたんだろう、そう僕は考える


ここからはもう推測の域を出ないんだけど

もしかしたら、一気にキリスト教が全国へ普及されて

当時の階級制度に不満を持った信者が各地で反乱を勃発し

日本の国教はキリスト教になってたかもしれない(比較的マジで)


特に日本にやって来たキリスト教の宣教者は

欧州の先端技術も一緒に持ち込んできてたから(活版技術など)

日本人にとっては何か「魔術や神秘」があるんじゃないかと思ったに違いない


あ、でもそうなったら欧米列強の国内進出を止められなくて

今ごろ何処かの植民地化されてたかもしれない

まぁ当時ではそれほどキリスト教の進出は恐ろしかったことだと思う

※決してキリスト教を反対しているわけではありません!








もちろん現代では「宗教の自由」が認められてるから

国民がどんな考えを持とうが良いわけだけど

当時の日本は基本的に「自由」が認められてない階級社会なわけで

その中での「平等」を信条とする宗教というのは

幕府体制すら揺るがしかねない脅威だったんだと思う


だからあの天草・島原の乱というのは

日本という一つのコミュニティが外部からの脅威から身を守ろうとする

「自己防衛反応」みたいなものだったんじゃないかな


そしてこれは極論だけど

今僕らがこうして「日本人として」快適な生活ができているのは

あのときに「日本国民」を守ってくれたからなんじゃないかな

※何度も言いますが、キリスト教自体をを批判してるわけではないです!























そんなことを考えながら天草キリシタン館を出て

1時間ほどマクドでブログの更新をしてから

イルミネーションがあるという市役所裏に向かう

















会場は既にたくさんの人で溢れていて

周囲にはたくさんの出店が並んでいる

僕もついついその場の雰囲気に流されて暖かい豚汁を買ってしまう

さっきマクドで浪費したのに…でもウマイ。

















18:00になると

会場のみんなが一人ひとりキャンドルを持って

傍にある川に沿って歩き始める



















































これがまた幻想的で

秋の夜空ですっかり冷えきった身体も

心の奥から暖まってくるような気がする



















そして先頭が周囲の川を一周回ってくると

一気にイルミネーションが点灯!

会場も一気にボルテージが上がる
















































そのあともキャンドルを持ちながら歩く家族連れやカップル

のんびりと歩いて回る人たちでゆっくりした時間が流れる























































僕もそんな「ほっこり」した雰囲気を見ながらシャッターを切り

部外者でありながらも少しだけ幸せをお裾分けしてもらう






















こんなにたくさんの人がいるなかでも

僕の姿はやっぱり目につくようで

色んな人が声をかけてくれる






































僕もある程度写真も撮ったから

一旦会場から離れて晩ごはんを食べることに


近くのスーパーで買い物をして

キリシタン館のあった「殉教公園」へ足を運ぶ


ここは少し高台にあって東屋やトイレ、水場もある良物件

だけど「殉教」という名前の通り

天草・島原の乱で亡くなった方の「千人塚」があったりと

ちょっと物々しい雰囲気で、「心理的瑕疵物件」と言ったところかなw


とりあえずはこのあとも再びマクドへ行ってブログを書かなきゃいけないから

ストーブと食器だけを取り出して調理開始





















今夜のごはんはこちら

サンマの塩焼きとシイタケの網焼♪(+コロッケ)

この辺りは民家が離れてるから気兼ねなく魚焼けるわーw


しかも焼きたてはウマウマ!

ぜひともトミーさんにも実況してもらいたいですねww



ある程度あと片付けもして

さて、マクドへ乗り込むかと思ってると

人気のない公園に一台の車が止まる


もしかして地元の方がサンマの匂いに釣られたのか?

とビクビクしていると

買い物をしたときに出会った男性が登場w


どうやら僕が今夜殉教公園で泊まるとお伝えしたから

心配になって見に来てくれたとのこと

そして家に泊まりなよ、と声をかけていただく

ありがとうございます!

ということで心理的瑕疵物件を離れ、心理的幸福物件へ移住w


声をかけていただいたヨネケンさんは

今まで世界中をバックパッカーで旅してきたとのことで

現在は家庭があってできないから羨ましいよ、と言ってくれる


ご自宅には息子さんと2人の娘さんがいて

みんな可愛らしいww


僕の浮浪者スタイルにも怖じけることなく

ワイワイと遊んでくれる

ヨネケンさんも一緒に焼酎を飲んでくれて

旅の話や思い出を話してくださる


イルミネーションでは「ほっこり」した気持ちになったけど

実際に身も心も「ほっこり」させてもらいましたw

















ーーーーーー30日ーーーーー




暖かい布団から起きて窓を見ると

朝から大雨…


まぁ予定でも今日はマクドで缶詰する予定だったから

本渡へ滞在予定だったんだけどね

ヨネケンさんも「今日も雨だから泊まっていきなよ」と言ってれる

ありがたく甘えさせてもらいます!



















そのあと午前中はリビングでゆっくり

長女のきよらチャンは小学2年生で宿題をしなきゃいけないみたいだけど

なかなか集中できない様子w




















じゃあ僕も一緒に勉強しようかなということで

隣でブログを打っていると

次女の1歳半のうららチャンが割り込んできて

ノートとテレビのリモコンを使って僕の真似をしてるww

めっちゃ可愛いわーー♪



午後からはヨネケンさんが天草市内の天主堂へ連れてってくれることに

ここは通る予定がなかったから助かります!



















まずはコチラ「大江天主堂」

高台に建つ白亜の教会で、絵になる姿だね



















だけど別に風化されているという雰囲気でもなく

やはり今でもたくさんの信者さんに愛されてるんだと思う















隣を見ると平戸でも見かけた

墓石の上に十字架の光景

これも独特というか愛嬌すら感じるねw


教内は撮影禁止だったから写真はないけれど

平戸の天主堂と違ってスッキリしている感じ

これも牧師やシスターの考え方なんだろうけど

こうして色々違うところが見えるのも長旅ならでは


















お次は崎津天主堂

この教会は漁港の漁師町のド真ん中にあって

平屋の町並みから突き出てて不思議な感じ


だけど別に浮いていることもなく

雨が降るなかでひっそりと佇んでいる

















平戸の紐差教会でもそうだったんだけど

教会から目と鼻の先に神社があったりと

神仏習合ならぬ、神聖習合という感じで

すっかり村民の生活に融合している


説明ではこの崎津集落には400人の信者さんいるとのことで

ざっと見で、ほぼクリスチャンなんじゃないかな

そのなかで神社(神道)との兼ね合いは

やはり仏教と一緒で「個人宗教」と「自然宗教」との住み分けをしてるんだろうか

もしそれでうまく両立できていれば


飛鳥時代に聖徳太子が取り入れたのは

別に仏教じゃなくてキリスト教でも良かったのかもしれないね

(まぁ文化の流通からして難しいだろうけど)


晩ごはんはヨネケンさんが腕によりをかけたあんこう鍋♪

出汁もとても美味しくてついつい子供たちより食べてしまうww

ダメですね、旅人はもっと謙虚でなきゃね


そして今夜も暖かい布団のなかでオヤスミ

明日は雨も落ち着くようだから

頑張って歩くようにしよう

そう言い聞かせて眠りに落ちる…










旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

Comment

セルフGS中の人 says... ""
もう今から45年くらい前に崎津の教会を訪れました
当時 そこには幼稚園か保育園があって 大勢の子供達と写真を撮りました
アルバムのどこかに写真が残っているはず。

懐かしいです。 また訪れたい場所の一つです。。
2014.12.07 07:55 | URL | #- [edit]
mishima says... ""
べーすけさんこんにちは。

私も天草・島原の乱のきっかけについては、島原半島の原城跡に行くまでは、
キリスト教弾圧に対する反乱だと思ってました。
話は全然違いますが、元寇も的山大島や壱岐・対馬に行くまでは
島々が侵略されたことなどまったく知りませんでした。
世の中まだまだ知らないことばかりです。。

雲仙温泉や天草はまだ歩きに行ってないのですが、
べーすけさんの記事読んでるととっても行きたくなりました。
行きたいところがどんどん増えてきてます。
今のペースではとても消化しきれん・・・(汗)
2014.12.07 11:38 | URL | #- [edit]
べーすけ says... "Re: "
>セルフGSの人さん
崎津天主堂は戦後から何度も改築や移設をしてるとの話なので
もしかしたら、GSさんがご覧になった天主堂とは違ったかもしれません。
うろ覚えではありますが、隣に保育園などはなかった気もします。
しかし、そうやってブログを読んで当時の思い出を辿っていただけるということは、ブログ冥利につきると言うか書いててよかったと感じます。
ありがとうございました!
2014.12.07 18:39 | URL | #VEUMvR1o [edit]
べーすけ says... "Re: "
>mishimaさん
全ての事にも言えるのですが
出来事には必ず二面性(表と裏)があって、私たちには多くの場合片側しか伝えられてないことのほうが多いと思います。
歴史の教科書も然り、世の中の通説も然り。
そんな現代では自分で努力して時間をかけて調べないと、ある意味マスコミなどで情報操作された事実しか得ることができません。
僕はできるだけいろんな方面からの考え方を聞いてみたいと思っています。
そうすることで、ようやく「自らの意見」というのが出てくるんじゃないでしょうか。(操られて、自分で考えたと思わされた意見ではなく。)

なんだかかなり脱線しているような気もしますが
mishimaさんのように歩かれている方にとっては、どのルートを辿っても素晴らしい景色や出会いに巡り会えるのではないでしょうか?

2014.12.07 18:48 | URL | #VEUMvR1o [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/455-16cf0feb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。