べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎の美しさ ~ 11月20日(木)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   2 comments   0 trackback





[総日数]     457日(日本橋出発後607日経過)
[今日のルート]  長崎県長崎市「新長崎漁港近くの公園」~長崎市「出島前にあったベンチ」
[進捗状況]    九州を半時計回りで周遊中…









昨日は新長崎漁港の近くで寝たんだけど

朝起きてみたら…やっぱり下水臭いw

やっぱりあの臭いは幻ではなかったみたい

地元の人はこんな臭いで怒らないのかな?



5:00に起きたときには

すでに漁港は水揚げでワイワイしていて

まだ真っ暗だというのに煌々と明かりが照らされている

僕もその明かりに誘われて目が覚める


















今日も朝からいい天気

10:00くらいには空気もすっかり暖まって

たまらず半袖短パンになる

































ルートは相変わらずアップダウンの連続

こう何日もグニャグニャが続くとさすがにしんどい

まぁこれも今日で終わりだから

残りを楽しんで歩くとしよう

















道端にはアンジェリカではなくミカンが売られている(そりゃそーだw)

糖分補給で買おうと思ったけど

100円玉がみつからず…

アンジェリカさん、僕に甘い誘惑下さい。

あ、ジェシカさんでもいいですよww
















福田という住宅地に入る下り坂を降りていくと

















見えてきたのは広々とした絶景!

遠くに見えるのは沖ノ島・伊王島へ向かう「伊王島大橋」

その奥には「軍艦島」もあるみたいだけど、これは流石に見えない
















今日の大きな目標としては

長崎の一大名所と言われる「稲佐山からの夜景」

どうやら世界三大夜景と言われてるらしい


夜景と言えば函館でも見たけど

どちらが綺麗なんでしょうーねw

※そのときのブログはコチラから


今日は一日中快晴の天気予報

明日も晴れの予報だけど

平日の木曜日のうちにゆっくり眺めておきたい


福田の市街地を歩いていると

ちょうど左手に稲佐山の展望台が見えてくる

稲佐山へは長崎市街まで遠回りしないといけないみたいだけど

ここからでも行けんじゃね?


ということで早速近くの駐在所に行って

ここから上れるルートがないか聞いてみる

どうやらあるらしいけど迷いやすいみたいだから

地元の詳しい人が入り口まで案内してくださることに


















駐在所のオッチャンから紹介されたオッチャン(名前はわからん)に連れられて

山手を登っていくと稲佐山登山口の看板がある

歩きついでに話してみると

どうやら福田の方からの道は登山道しかないらしい

だけど小学生の遠足とかで利用してるからトレースもあるだろう、とのこと

「次の池を左手に曲がるとよ」と最後まで親切に案内してくれる

どうもありがとうございましたー


















いやぁー久しぶりの登山って感じ

最近は道路ばっかしだったから新鮮で良いね

やっぱりたまには山も登らないと!


















稲佐山は300m弱と低いため

この登山道も傾斜は緩やかで裏山を歩いているような気分

昔よく登っていた六甲山を思い出すわー




















ルートには細かくブルーテープが付けてあって

迷うことはほぼないと思う


だけど登山道自体がけっこう荒れていて

枯れ枝や岩もゴツゴツしているうえ、半分渡渉しそうなところもある

うーん子供にはちょっと厳しいぞ?

小学生が遠足気分では大変なんじゃないのかなー

まぁ僕にはアスレティック感覚で楽しいけど♪


















案内してくれたオッチャンには1時間くらいと言われていたけど

45分くらいで駐車場に到着w

長崎市街から遠回りしていたら2時間以上はかかっていたから

これだけでもかなり助かる

そこから更に15分ほど階段を登っていくと


















稲佐山の展望台に到着!

けっこう立派な建物だねw

ちなみに展望台まで市街からケーブルカーが走っているので

皆さんはそちらをご利用くださいww


















展望台を上がって屋上へ行くと

おお!いい感じの景色じゃないですかー

これなら良い写真が撮れそう♪

とりあえずは日暮れまでに着いてよかった


















西の海側を見ると

少しずつ夕日が落ちていく様子がわかる

































空には雲ひとつない快晴

空気も澄んでガスなども見当たらない

夜景にはベストなコンディション


















夕日がすっかり沈んでしまうと

海岸線が光輝き出す

これはこれで綺麗だね


そして夕焼けも落ち着いて来た頃

市街地を見てみると…

















はい!これが長崎の夜景ですー

おおーーーさすが世界三大夜景!


















もちろん函館も「100万ドル」と言われるくらい綺麗だったけど

長崎は内湾が長いから水面に反射する光が良いアクセントになってたり

地形が起伏に富んでいるから

山並みの姿が光で再現されていたりと面白い

なるほど、世界に名前を連ねるのもわかる気がする




















ベイエリアは鮮やかな色で輝いていて

ちょっと喧しい気もしたけど

まぁ夜景なんだし、ゴテゴテした方がいいのかもしれない



















右手には女神大橋がライトアップされていて

ちょっと山で切れてしまったのは残念

たぶんプロの人は、めっちゃ高さのある三脚とかを使って

見下ろしながら撮ってるに違いない



















写真を撮りながら思っていたけど

自分の写真の腕も少しずつ上達してるなぁー

自慢してる訳じゃないんだけど

やっぱり何千枚と撮っていると自然と上手くなるもんだね

上に挙げている函館の写真と比べたら一目瞭然だもんなww

















そんな感じでしっかり眼に焼き付けたあと

早いうちに下山を始める


快晴のためかけっこう冷えてきているうえ

展望台から市街までは1時間以上下らなきゃならない

あんまり遅くなると面倒になっちゃうし

ササッと降りてゆっくりしよう


















グネグネした坂道を下っていく間にも

ちょこちょこ夜景が見える

































中腹くらいには大きなホテルもたくさんあって

ここの客室からの景色は良いんだろうなと思いながら

泊まれるはずもない高層ビルの横を通りすぎていく


















ようやく下界についたら

まずはお風呂探し

ちょうど近くに銭湯があったから

山登りでかいた汗を流しておこう



















そのあとは長崎中心地へ行って名物でも食べようとさまよってみる

だけど時間はすでに21:30

美味しいと言われるところの多くは閉店しているため断念

まぁ明日ゆっくり散策がてら食べるとしよう


結局そのあとは最寄りの牛丼屋でちょっとお腹を膨らませたあと

調べておいた24時間のマクドへ潜入

恒例のブログを打とうと思ったんだけど

稲佐山登山の疲れからか眠たくてしょうがない

結局ちょっと書いただけでお店を出て

寝場所になりそうなところを探す


すると県庁の裏にある川沿いにベンチを発見

ここは暗がりになっててお巡りも見つけにくそう

ということでマットと寝袋を敷いて横になる


最近特に寝る場所にこだわらなくなってきたなぁー

まぁ寝る場所に困らないってのはいいことなんだけどねw















旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

エルゴサイザー says... ""
べーすけさんテントのこと教えてくださってありがとうござました^ ^


道端ジェシカとか知ってるんですねw
2014.11.26 07:00 | URL | #C7vK3lD6 [edit]
べーすけ says... "Re: "
>エルゴくん
道端アンジェリカって綺麗とかそういうのとは関係なく、かっこええやんw
今度そんな子連れてきてww
2014.11.28 19:12 | URL | #VEUMvR1o [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/449-1b4b0b0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。