べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な魔法 ~ 11月14~16日(日)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   2 comments   0 trackback





[総日数]     453日(日本橋出発後603日経過)
[今日のルート]  
14日…長崎県平戸市「宮ノ浦の家」~長崎県鹿町町「鹿町漁港」
15日…~長崎県佐世保市「マクドナルド四ツ町店」
16日…~長崎県佐世保市「佐世保中央公園のベンチ」
[進捗状況]    九州を半時計回りで周遊中…





ーーーーー14日ーーーーー





今日は宮ノ浦を出発の日

自分の我が子のように可愛がってくれた

お父さんとお母さんともお別れ


お母さんは出発前にも大きなオニギリ(しかも赤飯)や

らっきょう酢漬け・紅生姜・梅干しなど

日持ちするものをたくさん持たせてくれる


本来ならこの宮ノ浦から歩いて戻りたいところなんだけど

そんなことしてたら時間がいくらあっても足りないので

お父さんに平戸入り口まで送ってもらうことに


お父さんはついでに良いところ連れてってやると言って

車を走らせてくれたのは河内峠というところ

















丘の上に言ってみると

うわー天空の大草原!



















今日は朝から曇っていたんだけど

ちょうど峠に着いたときから晴れ間が差してきて

なんとも幻想的な雰囲気

















ここは毎年野焼きをしているらしく

頂上の部分だけ草原のようになっている

















ちなみに河内峠までの道は急勾配なので

徒歩や自転車では修羅の道

行くときは相当の覚悟をして登りましょうw



河内峠を越えると間もなく平戸市街

ここでお父さんとお別れ

「また連絡してくれ」と別れ際に話す顔は

やっぱり優しい

また、遊びに来ます!



















さて、平戸に着いたからには少し観光していきましょう

平戸と言えば、異国情緒のある町並み

と思っていたけど、中心地は普通な感じ


散策ポイントも観光地によくある

街道チックな町並みになってる


















観光案内所で聞いてみると

町全体が異国情緒という訳ではなく

どうやら幾つか「異国」スポットがあるらしい


















まず一つめがこちら

「オランダ商館」

これは復元・再築したものらしいんだけど

やっぱりこういう建物が江戸時代にあったというのがとても不思議


















今でもちょっと浮いてる感じなのに

その頃は特に違和感を感じるたたずまいだったに違いない
















お次は「聖フランシスコ・ザビエル記念教会」

教会自体、山手にあって海岸からは見通すことができる場所にある

















淡い緑と白のコントラストが素敵な建物で

高くそびえる威厳と優しさも感じられる



僕が立ち寄ったときはちょうど子供達の催し物をしているようで

すぐには教会内を見学できない状態だったため

他の観光客と話ながらしばらく待機

前回、紐差教会はじっくり見れなかったから

今回はできるだけお伝えしたい

















それにしても子供達の催し物って言うのが良いね

同じ敷地に保育園も併設しているから当然なのかもしれないけど(キンダーガーデンですよね)

日本での宗教というと「死んだとき」的なイメージはここでは感じなくて

受け入れる地域の集会所のような老若男女集まる場所という素晴らしい場所

元々、宗教というのは人々の「道」を説く教えであって

こういう小さい頃から宗教というものに馴染んでおくということは大切なことだと思う

(キリスト教が良いか悪いかは別として)

















のんびり散歩とかで時間を潰していると教会内が開放されたため中へはいる

建物内はいたって普通な教会

今の方々はあまり教会へ行くことはないと思いますが

結婚式会場にあるようなキレイさっぱりな教会内ではなく

今の息づかいが聞こえてくるって言うのがとても良い




平戸の町の観光名所は他に平戸城や博物館などがあるんだけど

ちょっと時間的に厳しいのでこれくらいにしておこう

















そう思って歩き始めると

ちょうど猫のファミリーを発見

















まだ子猫は産まれたばかりのようで

目ヤニで目が開ききっていないヤツもいる
















それにしても

なんだか毛玉が転がってるみたいで可愛いな

















平戸市街を後にすると

再び平戸大橋を通る


















これがまた素晴らしい展望
































先日は曇っていたけど

これが本来の姿なんだなぁー
















今日はどんどん南下していくんだけど

一番近い国道を通らず、グネグネしてる海沿いを通る

















すると見えてきたのはこちら

田平天主堂


ここもなんとも歴史を感じる教会

ここも布教当初の歴史的建造物で

レンガ造り一部木造の瓦葺き屋根とのこと


















入堂させてもらうと

なんとも厳かな雰囲気のなかに

地元の人に愛されている暖かさを感じる















そしてステンドグラスが素晴らしくて

晴れやかな光が様々な色に変化して堂内に差し込んでくる


ステンドグラスというのは今ではキレイな飾りみたいだけど

それだけじゃなくて大事な役割もある

昔は貧困などにより文字が読めない信者に対して

ステンドグラスの絵を見せながら教えを説いていたという



















たぶん、その色鮮やかで美しいイエスを見たら

自分は救われたと心安らかになったに違いない

















ちなみにこれは多分「最後の晩餐」

違ってたらごめんなさい


僕は無宗教という体たらくな訳だけど

ほんの少しだけお祈りをさせてもらうことに


「どうか今まで出会った全ての方が幸せになりますように

そして、この旅が無事に終えますように…」















天主堂の外を見ると

たくさんのお墓が並んでいる
















これがまた不思議なもので

日本でよく見る墓石の上に十字架が掲げられている

なんとも独特というか不思議な光景


墓石をよく見てみると

「ぺトロ○○」とか「ヨハネ○○」とか

ちゃんと洗礼を受けた仏教で言う「戒名」が付いている

















これをみて思ったんだけど

「布教」というのは既に他の宗教(または自然崇拝)がある環境に行くわけで

以前からある信仰・習慣を全く変えることは難しいと思う

だからこそ、その国・地域に合わせた其々の信仰の仕方があるじゃないかな?


仏教に関しても、日本古来の「神道」と喧嘩することなく

自然宗教と個人宗教を上手く織り混ぜていったわけだしね

















キリスト教についても

安土桃山からはツラい迫害を受け続けていて

厳しい立場に置かれていたのにも関わらず

それを不屈の精神で乗り越えて

今は教会などを世界遺産候補として挙げようとしている

「信じる」という力はスゴいものだよね


おっと。

長話が過ぎましたわww

それでは先へ進みましょう

















その後は延々とアップダウンの続く田舎道を歩いて

ようやく本来の国道に入ったのは、すでに18:00


暗くてどんどん気温が下がっていくなかで

白い息を切らしながら山道を進んでいく

















すると途中でおばあさんから温かいレモンティを頂く

話を聞くと少し前のコンビニで買い物をしたときに見かけたようで

家の前を通るのを待っていたんだそう

こんなに冷える夜のなかで待っていてくださったなんて…


最後に「頑張ってくださいね」お声をかけていただいて

歩きながら少しずつの飲んで身体を暖める

身体だけじゃなくて心もすっかり暖まったみたい




20:00過ぎにようやく目的地の鹿町漁港へ到着

近くにあった海浜公園はキャンプ場になっていて野宿は厳しそうだから

ここで寝てしまおう


一番隅の方にテントを建てて晩ごはんを食べていると

パトカーがやってくる

話をすると

「ゆっくり寝てください。あとこの辺りは越波があるかもしれないんで気を付けて」とのこと

僕は安心して寝袋に潜り込む
















ーーーーー15日ーーーーー







今日は朝起きてみると

なんだか手が茶色に汚れてる?

もしかして寝小便ならぬ寝ウンコ!?

びっくりして洗ってみるも全然落ちない

どうやら色素沈着しているようす


よくわからんけど

テントやザック内で液体が漏れたという形跡もないし

臭いもないし害はなさそう

まぁそのままで大丈夫だろうww
















朝ごはんを食べていると

どこからともなくニャンコがやってくる
















自分達の食べ物がないと分かると

テントの周辺で日向ぼっこをしてる

今日も良い日になりそう


地元の人と話したところ

この辺りは「九十九島」と言い

小さな島がたくさん連なってる景勝地とのこと


そして一番の展望場所があるらしいから

行ってみることに


わかっていたことだけど

案の定、急な坂道を登っていくと

長串山公園へ到着

















一番の高台で下を見下ろしてみると

おおっ!こりゃキレイだね

















ボコボコと小さな島が寄り添っているのが見える

その対岸には大きな平戸島


















九十九島の遥か先に見えるのは

たぶん五島列島

もちろん行ってみたいけど

フェリー代が半端なく高いので今回はパス

















すっかり眺めたあとは再び県道へ下って

アップダウンのグネグネした道を進む


本来はすぐ近くの国道を通った方が楽なんだけど

行かなきゃいけない場所があるんです


















地元の人に道を聞きながら

小さな漁港の脇道を進んでいくと

見えてきました!


















ここが「日本本土最西端」の神崎鼻!!

いやぁー絶景ですねw


ちなみに先日行ってきた平戸島の宮ノ浦は

「橋で繋がっている日本本土最西端」でして

この神崎鼻がオーソドックスな端っこなのかな


あと、「日本本土」というのが引っ掛かっていたから調べてみたら

英語で「main land」ということらしい

なんとも紛らわしいね


















神崎鼻を過ぎてからは

小さな漁港をいくつも通りすぎる


















防波堤を見ると

子供達が集まってみんなで釣りをして遊んでいる

そこには大きい子も小さい子も色々いて

部落の年長者が小さい子を面倒見ながら年齢関係なく楽しんでいる


通りかかった家では

小さな庭の手作りブランコで遊ぶ女の子

平屋の縁側にはようやく一人座りできるようになったような赤ちゃんが

ちょこんと座っている

それを見守るように隣でお母さんが洗濯物を畳んでいて

少し奥の方では、おばあさんが眼鏡をかけて

赤ちゃんの服なのか、せっせと毛糸を編んでいる


こういう風景を見ると、妙に安心する


田舎を歩いていると

すっかり忘れていた日本本来の姿を思い出させてくれる

もしこんな暖かい風景が日本からなくなったらどうなるんだろう?

そのときは日本が日本じゃなくなるのかもしれない


















夕暮れが近づいてくると

海辺は綺麗に夕焼けしてくる
































そんな姿を横目に先へすすむ

















21:00頃にようやく佐世保市街へ到着

佐世保と言えば「佐世保バーガー」

今夜はちょっと贅沢をしようかな

















そういや、なんてバーガーが名物なんだろうと考えながら歩いていると

左手に見えた看板

あぁそうか、佐世保は米海軍の駐留地だっけ



















しばらくして中心地に入り

訪れたのは有名と言われる「BIGMAN」っていうバーガー屋さん

ここが火付け役になったらしい


















それがコチラ「ベーコンエッグバーガー」

ポテトとペプシで1000円超也


食べてみたところ…フム。

期待を裏切らないジャンクフード感

まぁマクドとそんなに変わらんな


そんなバーガー屋さんで声をかけていただいた一行さんと長話

可愛い2人の娘さんがとても好奇心旺盛で

色々聞いてくれてこっちも楽しくなってくる


話を聞いてみると明日佐世保市街で「佐世保ジャズ」というフェスがあるそうで

そちらに出演されるんだそう

んで、もしよかったら遊びに来ませんかと誘ってくれる


それは絶対お邪魔させてもらいますよ!!

ということで、明日は佐世保滞在が決定ww

ありがとうございますー\(^-^)/


なにもなしで滞在するのは気が引けるけど

こうして何か用事があると落ち着いてゆっくりすることができる


それではまた明日会いましょうとお別れすると

僕はその足で24時間営業のマクドナルドへww

もちろんハンバーガーが注文せず

割引中のポテトと新聞を煮込んだようなコーヒーを頼んで

ブログの打ち込みにかかる(マクドはポテトだけは食べる価値があるw)


明日のフェスはお昼過ぎからだから

ブログは徹夜せずに少し寝た方がいいかもな

そう考えながら世を更かしていく


















ーーーーー16日ーーーーー





昨日は結局、夜中の3:00まで粘って

眠たくなったところで近くの中央公園というところへさまよい歩き

暗がりのベンチで横になってました


















朝はとても良い天気だけど

やっぱり寒いねw

起きて顔を洗うと、近くのスターバックスへ


午前中はここでブログ打ちに徹すると心に決めて

集中して目の前のキーボードを叩き続ける


途中で隣にいた女子高生に声をかけられて少しお話

歩いて日本一周にびっくりしたようで

ブログをやっていることを伝えると早速iphoneで確認している

(ちなみに最近スマホでもPCサイトをご覧いただけるようになりましたw)


スターバックスは朝からたくさんの人

その多くが外国人でみんな屈強な体つき

たぶん米海軍関係の人なんだろう
















淡々と集中していると近くに座っていた人が

「ブログを見ました!頑張ってください」とカードをくれる

たぶん、スターバックスのプリペイドカードかな?

スタバはよく使うし、こうした荷物にならない頂き物はホント助かります


昼過ぎにちょっとお昼ごはんを食べて

待望の「佐世保ジャズ」の会場である「アルカスSASEBO」へ

インフォメーションへ名前を伝えると

ゲストとして会場へ(ありがとうございます♪)


フェスの最初は地元のフュージョンっぽいトリオで始まって

ようやく昨日お会いした一行さんのライブが始まる


声をかけていただいたのは「アン・サリー」さんという方で

ググってみたらかなり有名なシンガー(知識不足ですいません…)


ライブの映像や写真はダメなので

Youtubeを貼り付けるのでソチラでお楽しみくださいww

アン・サリー 満月の夕(ゆうべ)
http://youtu.be/gO3geXZoW00

アン・サリー 蘇州夜曲
http://youtu.be/b5nv_RdyR_Q


実際に聞くと

もっと音に延びがあるし、高音も透き通るよう

最後の蘇州夜曲は会場全体がアン・サリーさんの声に聞き入っていて

みんなが心地よい気分になってたと思う

いやー歩いてて良かったww

















最後にサイン会があったから一緒に記念撮影

残念ながらかなりピンボケしてしまっているけど

とても素晴らしい記念になりました!


拠点は関東とのことなので

また東京へ戻ってたときは聞きに行きます!

ありがとうございました♪


アン・サリーさんのライブのあとは

地元バンドの演奏があって

最後に渡辺貞夫のクァルテットがあるんだそう

それまでだいぶ時間があるから

再びマクドへ潜入してブログを打ち込むことに

















そうしてかなり集中して画面とにらめっこをしていたら

いつの間にか時間が21:00に

あ、佐世保ジャズが終わってた(爆

まぁアン・サリーさんのライブが聞けたからそれで十分だわww


そう納得して再びブログを打ち込む

夜中の23:00になると

軍服をきた海軍兵がマクド前のアーケードを練り歩いている

たぶん門限を過ぎた米兵がいないか警らしてるんだろう

沖縄ではあるとは聞いてたけど、佐世保でもあるんだね


そんなことを思いながら

結局1:00まで潜伏して

眠たくなったところで昨日と同様の中央公園に入り込んで

ベンチへマットと寝袋を広げる


今日はイイ日だったなぁー

こんな素晴らしい日があるのも歩いているからこそ。

歩き旅は僕にたくさんの幸せを運んでくれる

素敵な魔法みたいなものだね





旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

Comment

mishima says... ""
べーすけさんおはようございます。
長串山からの風景、ザビエル教会、平戸の街並み・・・懐かしく拝見しました!
そして遅ればせながら、先日は平戸島バス情報ありがとうございました!
おかげさまで平戸島再訪ルート計画できました。。
とりあえず立てた予定ルートは、江迎鹿町駅からスタートして、
田平教会~平戸大橋~川内峠~生月島一周~平戸島縦断~宮之浦って感じです。
島の道を1日45km歩くのはさすがにきついので、MAX30km程度にしとこうかと(^^;
Googleマップの新機能も見ましたよ!めちゃリアルですね。
佐多岬への道かなりヤバいです・・
2014.11.22 10:05 | URL | #- [edit]
べーすけ says... "Re: "
>mishimaさん
返信遅くなりました!
コメントから察するに、おそらく以前に周辺は歩かれたと言うことでしょうか?
それだったら大体の地形もご存じだと思うので、あまり僕が言うことはないと思いますww
しかし、書いていただいたプランでは4~5日くらいの日程がかかるのではないでしょうか?
特に河内峠は信じられないほど坂を上がっている感じだったので、ペースも必然と遅くなると思います
(といっても、僕は歩いていないので実際はわかりませんが…)

でも平戸の前にまずは佐多岬ですねw
ほんとなら一緒に歩かせてもらいたいくらいですが、たぶんmishimaさんのペースに付いていける気がしないので
来年辺りにmishimaさんが通った道を参考にさせてもらいながら歩こうと思います
おそらく佐多岬については、僕は内海は国道でいくと思いますが、外海東側は海岸沿いのありえないグニャグニャを攻めようと企んでいます(県道74~国道448)。まちがいなく修羅の道だと思いますが、できそうなことをやっても面白くないのでww
2014.11.25 06:59 | URL | #VEUMvR1o [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/446-0b217cc9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。