べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援されて生まれる「力」 ~ 11月11~12日(水)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   8 comments   0 trackback





[総日数]     449日(日本橋出発後599日経過)
[今日のルート]
11日…長崎県松浦市「道の駅松浦海とふるさと館」~平戸市「紐差教会のマリアさまのお膝元」
12日…~平戸市「宮之浦のおじさん宅」
[進捗状況]    九州を半時計回りで周遊中…






ーーーーー11日ーーーーー






今日は遅めの7:00に起きる

昨日はいつもより多く歩いてしまったせいか

疲れが残っていて身体がダルい


天気も良いから日向ぼっこをしながら

変温動物のように徐々に身体を温めていく
















朝ごはんを食べたあたりで何処からともなく白い犬がやってくる

赤い首輪をしているから飼い犬なのかな?


この道の駅周辺をフラフラしているようで

職員さんにも撫でてもらったりとなついている様子

















僕が昨日の記録をしていると

そばまでやってきて来て尻尾を振る


「ごめんよ、今日はもうご飯を食べてしまったんだよ」


そう伝えると

白い犬は足元へ座り込んで「ふわぁー」と大きな欠伸を一つ

今日はのんびりした一日になりそうだ


















松浦からの道のりはアップダウンの連続

ときどき見える高台からの海岸線は綺麗だけれど

やはりちょっとしんどい


田平に入ったところで

「ちょっと休憩していかない?」とお声がかかる















そこではちょうど陶芸クラブをしているそうで

生徒さんのお姉さんたちに迎えられて

お茶とかお菓子とかを頂きながらお話しさせてもらう


するとお姉さんの一人から

晩ごはんにどうぞ、とアゴ(飛び魚)の塩漬けや

金楽寺味噌を頂く















よし!今晩は焼き魚といきましょうかww
















みなさん素敵な時間をありがとうございました!

















15:00過ぎに平戸大橋の手前、平戸口に到着

実はこの平戸大橋を越えた平戸島は兄貴のお嫁さんの実家でして

以前から平戸に来たときは遊びにいくとお話ししていたんだよね
















だけどここからが問題で

そのご実家は平戸島の一番突端である「宮之浦」という所で

地図をみると…うわぁーww


お嫁さんにも

「ほんっっっとに遠いから覚悟してねw」と言われてて

まぁ対したとこないだろと思ってたけど

これは「大したことありそう」だわww


ご実家には明日の夕方には着くと伝えてあって

ここ(平戸口)から宮之浦までは約45km超

アップダウンが半端ないらしいから速度が落ちると想定して

今日のうちに20kmは歩いておきたい


ああ、今日も夜中歩かなきゃならんのか…


















とにかく今夜の歩きに備えて

今のうちにしっかり休息しておこうと

平戸大橋がよく見える産直所でパンをかじりながら

今後の予定を組み立てる

















16:00頃に出発して平戸大橋を渡る
















南側を見ると左手には佐世保に続く海岸線

右手はグネグネと入り組んでいる平戸島の海岸線

見るだけでも疲れてくる



















平戸大橋の周辺は整備された公園になっていて

東屋もあって普通に野宿できそうなスポット


平戸と言えば、江戸時代以前は貿易の中心地として有名で

島内には異国情緒のある風景が至るところで見られる

有名どころでは、あのフランシスコ・ザビエルが上陸したのも平戸とのこと

その影響か、島の至るところに「キリスト教会」があるらしい


僕はクリスチャンではないけれど

キリスト教には興味があるからちょっと寄ってみたいところ




















18:00頃に良さそうな海浜公園を発見

水場もトイレも東屋もあって、いつもならすぐにテントを建てるんだけど

今日はもっと先へ進まなきゃいけないから休憩だけしていく

ついでにここで晩ごはんだけ済ませておこう


ガソリンストーブに火をつけて

風防の上に網を乗せる

さらにその上へフライパン用ホイルを乗せると

簡易的な魚焼き器の完成!

















そこへお昼にいただいたアゴを乗せて焼いていく

普通の網だけだったら、網の下にあるストーブに脂が落ちてしまって

錆びたり故障の原因になってしまうけど

こうしてフライパン用ホイルだったら焦げ付かず焼き物ができる
















時間をかけて焼いたらホクホクのアゴの塩焼きが完成♪

もちろんめちゃくちゃ美味しいww

5匹も食べれるかなと思っていたけど、またたく間にペロリと平らげる


これはガスストーブだったらほぼ出来ないし

ガソリンストーブだからこその真骨頂w

実は一度実家にいるときに試してみたんだけど

ほぼ直火だから焼き加減にムラがあって、もうちょっと改良が必要みたい

遠赤外線にする網も売ってるみたいだから今度検討してみよう


後始末もホイルを捨てるだけだから手間要らず

ささっと片付けて再び歩き始める



















そのあとはひたすら暗闇を歩いていく

道は急勾配のアップダウンで

白い息を大量に吐きながら数えきれないほどの峠を越えていく


途中の宝亀といわれる小さな集落にあったバス停で休んでいると

「ワンワン!」と遠くの方から犬の鳴き声が聞こえてくる

(犬はどんなに遠くても僕の存在を嗅ぎ付けては吠えたくる)


時間はすでに20:00過ぎ

あんまり吠えると地元の人が不審者がいると勘繰ってしまうからと

しょうがなく再び立ち上がり歩き始める


50m歩いたところで振り返ってみると

僕がいたバス停の周辺に5匹くらいの犬が集まって吠えてる…

うわーここの犬は放し飼いかよ…

あと1分出発するのが遅かったら、面倒なことになってたに違いない

これもまた旅人の勘に助けられたわー

(あとで聞いたら、平戸島の犬の大半が放し飼いらしい…旅人は気を付けましょうw)



その後もほぼ休むことなく歩き続けて

22:00頃に目的地の紐差集落に到着

ここは平戸島のちょうど真ん中辺りにあって比較的大きい集落


地元の人に見つからないよう

町中を静かに歩きながら寝場所を探してみるも

どうやら寝れそうなところはない様子


しょうがないから

集落の中心にある紐差協会(キリスト教会)に向かい

教会の前にあるベンチへマットと寝袋を広げる


もともとローマ時代にはホステルや病院の先駆けとして

社会的弱者への慈善活動を行ってきたキリスト教会

ここだったら、最悪見つかっても警察沙汰は無かろう

そう信じて浅い眠りへ落ちる














ーーーーー12日ーーーーー






朝は6:00くらいにポツポツと寝袋を叩く雨の音で目が覚める

一気に飛び起きて近くの屋根下へ寝袋を投げ込む


1時間ほどで雨は止んだけれど

天気はぐずついたまま

少しの不安をかかえながら出発


















ちなみに昨夜泊まった場所は

こんな教会の真ん前で

聖母マリアが見守る目の前で寝てましたww


この紐差教会はロマネスク様式で

長崎の浦上教会が原爆で倒壊してその後再建されるまでは

日本最大のキリスト教会だったらしい


外壁は柔らかい白色で晴れてたら映えるんだろうなー

教会内も見てみたいけど、まだ朝早いから人の気配もない

しかたないから本土へ戻ってきたときに寄れたら見に来よう





















朝ごはんは近くのコンビニでどん兵衛をすする

すると今日は一匹の黒猫がやってくる

僕の近くに座ってじっと待っているから

天ぷらを半分くらい分けてあげる


すると1/3くらい食べたらもういらないらしい

もらってる立場なのに好き嫌いするとは

なんとも呑気なもんだな


そろそろ出発しようとザックを背負うと

地元のお母さんが「頑張ってね!」と栄養ドリンクやパンを買ってきてくれる

ちょっと元気が出る

















今日も想定していた通り、過酷なアップダウンの連続

出会う地元の方に聞くたびに「たいした上り下りじゃないよ」と言われるも

そんな淡い期待を裏切るようにジェットコースターのような道が続く


早めのお昼にいただいたパンを食べていると

前の工務店のお姉さんが温かいお茶とヨーグルトを持ってきてくれる

話を聞くと、昨日歩いているところを目撃していたとのこと

頑張ってくださいね!と声をかけられると

ドドンパ並みのジェットコースターが「大した上り下りじゃないな」

と思えてくるのが不思議



















最後のお店がある津吉集落を歩いていると

これまた地元のお母さんに「お昼おごってあげるから!」と

オニギリとかコロッケを持たせてくれる




















この起伏の激しい平戸島を歩いて縦断するのは余程のことみたいで

地元の方のなかで「日本一周と書いた歩行者」と有名になってる様子w

そしてすれ違った皆さんが声をかけてくれて応援してくれる

「昨日歩いてるところを見たよ!頑張ってね!」と何度も言われる度に

辛かったけど歩いててよかったと思えてくる




















津吉集落から先は国道も途絶えて県道18号線に入る

ここからが最後の正念場で

これまで以上のアップダウンに難儀する



















だけどようやく天気も落ち着いてきたようで

少しずつ晴れ間が差して暖かくなってくる




















向月からが最大の上り坂で

つづら折りで山を上がっていくため

途中で休みを入れながら少しずつ進んでいく


















出発して7時間でようやく宮之浦が見えてくる


















そして「公共交通機関を使わずに到達できる本土最西端の港」である宮之浦に到達!

簡単に言えば、橋で繋がってる最西端ってことですね

(この写真は改めて翌日撮ったものです)


山口県では「本州最西端」でここは「本土最西端」

非常にわかりにくいww



漁港では兄貴のお嫁さんのお父さんが待っていてくれて

「よう来てくれた!」と迎えてくれる


実は宮之浦に着くまでに3回くらい車で様子を見に来てくれていて

やっぱり宮之浦まで歩いてくることに心配してくださったみたい


港から間近の家に案内してくれると

家ではお母さんが「お風呂沸いてるから早く入りなさい」と一言

まるで自分の子供のようにしてくれるお父さんとお母さんに

ここまで来てよかったと再び感謝


宮之浦は良質な漁場として有名で

お父さんはここの一本釣り漁師さん

晩ごはんには一本釣りした天然鯛のお刺身や

「ヤズ」というブリの幼魚を煮つけてくれたりと新鮮な魚づくし!

これがまたとんでもなく美味しい


特に天然鯛は歯応えと信じられないほど甘味がある

今まで食べた鯛はなんだったんだというくらい美味しい

話によると、一本釣りだと魚を傷つけることがないため

鮮度を保つことができるんだそう


その証拠として一本釣りの鯛だけには

生き絞めして切ったときに「身に虹がかかる」らしく

網や養殖には見られないとのこと


僕が食べたときにはもう消えていたけど

いやぁー見たかったなぁー


宴には近くの漁師さんも集まってきて

みんなでワイワイと旅の話や漁師の話で盛り上がる


こんなに喜んで歓迎してもらうなんて歩いてないとできないこと

今日応援してくださった皆さんや見守ってくださった地元の方々

ホントにありがとうございました!


そう心のなかで思いながら

用意してもらった温かいお布団のなかで眠りにつく







旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Comment

モモ助 says... "びっくり"
 第1回から愛読させていただいています。自分も日本一周している気分になって、ブログの更新が途切れると、何かあったのではないかとハラハラしています。
 平戸編を見ていて驚きました。紐差教会が出ていましたが、この教会で数十年前、結婚式を挙げました。平戸出身でもなく、クリスチャンでもありませんでしたが、教会の雰囲気が気に入り、伝手を頼ってお願いし、無事に挙式できました。地元の子供たちが集まり、讃美歌を歌ってくれたのが忘れられません。
 結婚後は1回しか行ったことがありませんが、非常に懐かしく思いました。今後もお体に気を付けて旅を続けてください。
2014.11.17 10:45 | URL | #tbUrYVeI [edit]
大将 says... ""
私も今一人歩き旅しています
今は寝袋のみでなんとかなっているのですが、これから寒くなるうえでテントも考えています。
質問なんですが、べーすけさんはいくらのテントを使っていますか?
2014.11.17 12:57 | URL | #- [edit]
mishima says... ""
べーすけさんこんばんは。
宮之浦までおつかれさまでした!
平戸島はとっても旅情をそそられますが、かなりきつそうですね。
県道19号めちゃやばそう・・・
ところで宮之浦から平戸まで公共交通機関ってあるんですか?
いつの日か宮之浦まで歩きに行ってみたいのですが、帰りをどうしようかと。
どうしても調べきれずにいます。。
2014.11.17 18:45 | URL | #- [edit]
べーすけ says... "Re: びっくり"
>モモ助さん
コメントありがとうございます!
最初から見ていただいてるんですねー
こんな拙い文章を長い間読んでいただいているんなんて…ホントに感謝感謝ですw

紐差教会で挙式を挙げられたんですか!
それはなんとも偶然ですねw
僕も紐差教会はとても素敵な場所だなと思いました
今度のブログでも書く予定ですが、取り残された歴史的建築ではなく、現在でも地域として地元の方に愛されているという雰囲気がとても良いと思いました。
さぞかし素敵な挙式だったのだと思います

ブログはついつい遅くなってしまいますが、何とか続けていこうと思いますのでこれからも宜しくお願いします!
ありがとうございましたm(__)m
2014.11.19 18:59 | URL | #VEUMvR1o [edit]
べーすけ says... "Re: "
>大将さん
コメントありがとうございます!
歩き旅をされているんですね!同じ歩き人からご連絡いただけるとはありがたいことですww
現在寝袋を使用されているとのことですが、防寒としてのテントを検討されているということでしょうか?
僕も旅を始めて1年の新米ではありますが、お答えできる範囲で書かせてもらいます。

僕が現在使用しているのはモンベルの「ステラリッジ1型」です。価格としては、現在は定価が35000円となっていました
このテントは山岳用でして、台風並みの暴風雨でも耐えれるような仕様になっています。
大将さんは今まで寝袋だけで旅をされてきたということなので、おそらく東屋もしくは軒下などの建物の下などの野宿メインではないかと推測するのですが、もしそうであればこのテントでなくても代用可能だと考えます。(防寒重視と考えて)
色々考えたのですが、モンベルの「u.l.ドームシェルター1型」などはいかがでしょうか??
ステラリッジが屋根が2枚重ねなのに対して、このドームシェルターは1枚と少ないため600g以上軽量になっています。台風のような暴風雨では難しいですが、多少の雨風なら問題ない性能です。そのため屋根下などの比較的穏やかな場所にはうってつけだと思います。価格も32000円と少し安いです。また、このテントは1枚という特徴のため、露天だと結露が発生しやすいです。まぁ結露くらいでは特に危機的な状態になることはないとは思いますが、やはり屋根下が最適だと思います。ちなみに現在徒歩での日本一周をしようと練習中の方がこのシェルターを使用して東海道を歩いています。彼は普通に露天で建てているようですが、特に気にならないようですww
資金に余裕があるのでしたらライペンの「エアライズ1」をお勧めします。とても高価ですが、多くの登山者・冒険家が使用している鉄板テントです。
最後に、テントを購入される場合は必ず専用のグラウンドシート(テントの下に敷くシート)も一緒にお買い求めください。(ドームシェルターの場合は、ステラリッジ1型とサイズが一緒なので、こちらのグラウンドシートが良いと思います)
長期の旅だとテントは消耗するので、必須だと思われます。

また、なにかご質問などありましたら
コメントの「管理者のみ閲覧」でメールアドレスをお送りください
確認次第、こちらからメールさせていただきます。

それでは大将さんに旅中、良い出会いがありますことを(^^)
2014.11.19 19:43 | URL | #VEUMvR1o [edit]
べーすけ says... "Re: "
>mishimaさん
平戸島はとても楽しかったので、オススメですw
mishimaさんも同じだと思うのですが、全く平坦な道より多少アップダウンのあった方が歩きとしては面白いのではないでしょうか?
平戸から宮之浦まで歩いている間に何度もバスとすれ違いました。確か西肥バスだったかな、と調べてみたところやっぱり正解でしたww(http://www.bus.saihigroup.co.jp/)
どうやら土日祝日関係なく、宮之浦発は17:50が最終のようですね
平戸の市街から宮之浦まで約45km、かなりアップダウンがあるので1日では難しいですかね…いや、mishimaさんだったら行けるかもしれませんww
そういえば、インターネットのGoogleマップでは地図のバラエティとして、標高がわかる「地形」の項目があるので、こちらも参考にどうぞ♪
2014.11.19 19:53 | URL | #VEUMvR1o [edit]
大将 says... ""
結局モンベルのクロノスドーム1型にしました!
詳しく書いてくださってどうもありがとうございます!
2014.11.20 07:38 | URL | #- [edit]
べーすけ says... "Re: "
>大将さん
クロノスドームですか!
実際に店頭で幕営などされましたでしょうか?
クロノスドームはかなり重たくかさ張るので、荷物に余裕があるのでしたらイイのですが…(ステラリッジより600g重たく、ドームシェルターとは1.5kg以上も…)
モンベルの直営店では実際にテントを張ったりさせてもらえるので、気軽にスタッフの方に聞いてみてください‼
2014.11.20 08:02 | URL | #VEUMvR1o [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/444-eff82483
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。