べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続いて若狭通過!  ~ 9月7~9日(火) 日本一周 徒歩の旅~

Posted by べーすけ on   3 comments   0 trackback

[総日数]     385日(日本橋出発後535日経過)
[今日のルート]  7日…福井県敦賀市「気比の松原公園」~若狭町「きららの湯隣の東屋」
             8日…福井県小浜市「小浜公園」
             9日…京都府舞鶴市「前島みなと公園」
[進捗状況]    日本海側を西へ西へ…






ーーーーーー7日ーーーーーー












昨日はなんとか敦賀までやってきて

暗闇のなか、気比の松原で寝てたわけだけど


朝起きてみると

おお、こんなところだったのかww

















昨日の雨がすっかり上がっているようだけど

松原の中までは朝日が射し込んできておらず

ジメジメとした空気が漂ってる


松原を出て1つ目のコンビニに着いたら

お店の前にザックや靴を置いて天日干し

昨日の雨でびっしょり濡れた装備も

真夏のような日差しで1時間半もすればすっかり乾いてしまう


















今日からは若狭を西に抜けていく

天気は最高の晴天ですねー


若狭と言ったら

仕事の休日に一駅分の切符を買って

明石や姫路から敦賀まで直通の新快速に乗り

一度も降りずに往復していたのを思い出すww


読みたい本を2、3冊持って行き

とにかく黙々と読んで、活字に飽きたら外の風景を眺める

そんなことを繰り返してたっけ


通勤時間や土日祝日を避ければ日中は比較的空いてるし

ガタゴトと揺れる電車が小気味よかったりするんだよね


まぁ今回は勝手に進んでくれる電車ではなく

自ら一歩一歩踏み出さなきゃいけないわけで

悠長に本を読んでる暇はないですけどね

















敦賀を過ぎてから感じるのは

関西の「匂い」がするということ

なんというか、空気自体に独特の熱気がある


福井の人が言うには

なんでも若狭は別に滋賀県に併合されてもよかったんだそう


そう思ったら、福井側と峠を越えた若狭側とでは

気候も雰囲気も全然違う気がする

極論、福井は北陸で若狭は関西って感じ


車を見ても

滋賀や京都ナンバーを見かけるようになった

僕もようやくここまでやってきたか…と感慨深くなる


若狭というと若狭湾の起伏に富んだ海岸線を思い浮かべるけど

今日は一日を通して山の中を歩きっぱなし

そのためかアップダウンも激しくて、体力も結構削られる

途中、日陰のバス停で10分ほど昼寝をしたりしてズルズル歩いていく

















見方という集落へ入ったところで

温泉施設と小さなショッピングモールを発見

夕暮れにもなったから、今日はここで寝ることにしよう


この日帰り温泉「きららの湯」はかなり広くて

休憩室も閉館の22:00まで無料開放されている

とりあえずギリギリまで潜伏して

その後は目星をつけておいた東屋の下へテントを建てる























ーーーーー8日ーーーーー













朝は7:00起床

いつもは5:00くらいには目が覚めるのに寝坊してしまった

やっぱり連日30km以上歩いてるから疲れがたまってるなぁー


身体は休息を求めてるのかもしれないけれど

ここ一週間は晴れ続きだから

今のうちに出来るだけ距離を伸ばしておきたい

今度いつ台風や大雨に当たるか分からないしね
















出発してすぐに三方五湖の三方湖に沿って進んでいく

この辺りは日本屈指の梅の産地

















道脇にはたくさんの梅の木が並んでいて

至る所に直売店が目に入る

















ちょっとのぞいてみると

たくさんの梅干しと一緒に甘酸っぱい香りが鼻をくすぐる

おばちゃんにお願いして試食させてもらうと

こりゃ美味しいわww

















塩とシソだけしか使ってないから酸味が鼻に抜けて後味スッキリ

やっぱりシンプルイズベストだね

















三方五湖を過ぎると若狭の海岸線に出る

弓張月のような小さな湾には小さな漁村があって
















そんな集落を繋ぐように山を越えて国道が続いている

















海の水面も鏡のように静かで

坂道を登って高台から右手の海を望むと

入り組んだ海岸線が遥か先まで続いているのが見える

なんて気持ちいい道なんだろう!

















ついつい足を止めて心地よい風に吹かれながら魅入ってしまう


















ある斜面には稲刈り時の棚田が広がっていて

淡い海色とのコントラストが素晴らしい


ここで今日の一曲

とろけそうに甘く緩いシンガー「一十三十一」から「サマーブリーズ'86」

http://www.youtube.com/watch?list=PL_0Xj_r3fEnGQ5jrmQdcsrSFWjPxMO31k&v=6l3WoSrtY84&feature=player_detailpage

こんな気持ちいいオーシャンビュークルーズにはお似合いな一曲ですねw

元々「一十三十一(ヒトミトイ)」はデビューから好きだったんだけど(しかも可愛いw)

当時から比べたら、だいぶ肩の荷が下りてスッキリ気持ち良くなった感じ

まぁ若いころの曲も大好きだけどねww


※よかったらこんな曲もどうぞw

一十三十一「時よ」

http://www.youtube.com/watch?v=jCh3Q_YImr8&feature=player_detailpage&list=PL_0Xj_r3fEnGQ5jrmQdcsrSFWjPxMO31k

















17:00頃に小浜市に入る

最寄りのガソリンスタンドで灯油を入れてもらったついでに

寝れそうな場所を聞いてみる

どうやら海沿いに近い「小浜公園」が広くて寝れそうとのこと


とりあえずスーパーで買い物をしてから

小浜公園へ行ってみると

ちょっと住宅街の中っぽいけど、比較的広くて大丈夫っぽい


東屋のベンチでのんびりと鳥皮うどんを作っていると

匂いを嗅ぎつけたのか、野良猫たちが集まってくる

もちろん同じ境遇の同志にも鶏肉を分けて一緒に食べる


夜も更けてくると

遠くか囃子と笛の音が響いている

どうやら少し遅い夏祭りで町内を練り歩いているみたい

そんな少し寂しさを含んだ小気味よい音色を聞きながら

いつの間にか眠りに落ちる















ーーーーー9日ーーーーー



今日は朝起きるとすでに何人かの人が散歩に来ていて

ご飯を作っていると「どこから来たのか」と色々声をかけられる

おかげで撤収が遅くなってしまい8:00過ぎに出発
















今日はなんとか東舞鶴まで行きたい

そのためには35km以上は歩かないといけない

連日30km以上歩いてる僕にとってはかなりキツいけど

気合を入れて頑張ろう!



















午前中はオーシャンビューの海岸線を進んでいく

あいかわらず天気も良くて、少し暑いくらい

若狭湾に入ると見えてきたのは若狭富士といわれる青葉山
















若狭は「原発銀座」と呼ばれるところ

よーするに原発関連施設が集中していうということ

合わせて14基もの原子力施設が集まっている


若狭湾周辺の市町村を通ると

ここは原子力によって成り立っているのだと良くわかる


















道の駅やシーサイドパークはものすごく広大で

見るからにお金がかかっている


道路沿いの運動公園を見てみれば

芝生はさっき刈ったばかりのように青々としているし

運動器具は真っ白で錆の欠片すら見つからない


現在、原発に関して色々な意見が飛び交っているけど

現実に原発の恩恵をうけているのは電気が大量に生産されるだけではなく

「原子力」という国家計画によって余りに多くの人たちが関わっているということを

もう一度再確認する必要があると思う

















僕は原発はダメだとか良いとかを言ってるんじゃなくて

原発について自分の目を使って、様々な角度で視る必要があるんじゃないかと言うこと。

マスコミによる情報操作された偏った考え方だけで判断することはとても危険なことだと思う


もちろんどんな人も自分の意見を発言して話し合うことは大切だけど

どんな事象にも表があれば裏もあるということ(右があれば左もある)を忘れてはいけない




半分くらい過ぎた高浜では

疲れで駅前に座って放心状態

あんまり疲れていたから少し眠ってしまおうと思っていると

















「お兄さん、がんばって!」

とヤクルトレディのお姉さんがキンキンに冷えたヤクルトを渡してくれる


キャップをめくって一気に飲み干すと

もう少し歩ける気がしてくる

やっぱりツライ顔をしていたらダメだね

頭の奥にある眠気に喝を入れて再び歩き始める

















しばらくして若狭湾から離れ、峠道に入る

長い坂道を登り、トンネルを潜り抜けると
















京都府に突入!

いつもなら僕も一緒に写るんだけど

トンネルのすぐ出口だから、恐くて撮れませんww

















これでようやく本格的に関西へ入ってきた気がする

ラジオに耳を傾けるとコテコテな京都弁が聞こえてくる

なんだか嬉しくなる
















20:00過ぎに市街地に入り

まず目に入ったのが「天下一品」の看板ww

あぁーーー久しぶりにドロドロスープを飲み干したい!

















東舞鶴市街はあまりスーパーが無いようで

この時間では国道から大分離れた

東舞鶴駅前のイトーヨーカ堂まで行かないといけないっぽい

ああ、もう歩きたくないのに…これで2kmは歩行距離伸びたわー


今日の寝床を探して、市役所裏の埠頭を彷徨ってみる

だいたい港には臨海公園とかがあったりするんだよね

















舞鶴のシンボルらしき、ライトアップされた煉瓦層を抜けると

目論見通り、比較的大きな公園を発見

その隅のあたりの暗がりに目星をつけてテントを立てる

傍には水道があって便利もよさそう
















晩ごはんを作りながらラジオに耳を傾けると

今夜はビックムーンとのこと

うーん、普通の月より大きいのかなぁー


















今では街の明かりが強すぎて気にも留めないけど

昔は月光を頼りに夜道を歩いていたんだよねー

天から灯る明かりは優しく僕らを包んでくれている

やっぱり自然が一番だね










旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

mishima says... ""
ぺーすけさん こんにちは。
先日はお会いできず残念でしたが、やはり休息は必要ですね。
台風が猛威をふるってますが・・・通過後はいよいよ再出発でしょうか。
今度の土日はどのあたりを歩かれる予定ですか?
ぜひぜひぺーすけさんを襲撃しに行きたいです。
ご都合いかがでしょうか?
お邪魔でなければ、一緒に歩いてもいいですよ~
1日30kmぐらいなら大丈夫です。。
2014.10.13 15:08 | URL | #- [edit]
べーすけ says... "Re: "
>mishimaさん
先日はご連絡が遅くなってしまい申し訳ありませんでしたm(__)m
今はご推察の通り出発を延期していまして、台風が過ぎ次第歩き始める予定ですw
今週の土日はですね…天候が落ち着いていれば、おそらく大田周辺を歩いていると思います。とはいえ、特に毎日目的地を決めているわけではないので、どこまで行っているとはハッキリ申し上げれないのですがww
2014.10.13 15:27 | URL | #VEUMvR1o [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.13 23:13 | | # [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/426-e32f2e04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。