べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産よりよっぽどヤカマシイ  ~ 7月12日(土)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   6 comments   0 trackback






[総日数]     325日(日本橋出発後485日経過)
[今日のルート]  群馬県富岡市「鏑川川岸の公園」~群馬県富岡市「道の駅みょうぎ」
[進捗状況]    新世界遺産攻略!!






さてさて今日は待望の世界遺産「富岡製糸場」攻略日

とりあえずは開館になるまで待たないとね














今日も抜群の天気だから

テントや昨日干していた衣類を日に当たりやすいところに移動させたり

乾くまで日陰でゆっくりストレッチをしたりして過ごす
















10:00くらいに富岡製糸場へ行ってみると

なんじゃいこの人集りは!!

入り口には前に進めないくらい人が集まっていて

さらにいくつものツアー団体客が一斉に観光スポットを占領しているようで

まさにすし詰め状態














今は富岡が世界遺産になって間もないし

今日は休日だから混んでるだろうなとは思っていたけど…


一気にテンションが下がるけど

ここまで来たからにはちゃんと回ろう

400円の入館料を払って製糸場内を観光する
















今回の世界遺産登録については

「富岡製糸場と絹産業遺産群」ということで

富岡製糸場がメインになっている


なぜ富岡製糸場が世界遺産になり得たというと

製糸場の建物が評価されたわけではなく、

その養蚕を通しての文化・背景によるものだそう


「富岡製糸場は養蚕技術をフランスから日本に、早い時期に完全に移転させることができた
 それに伴い、地元での長年の養蚕の伝統を背景として行われたこの技術移転は、養蚕の伝統自体を抜本的に刷新した。
 この結果、富岡は技術改良の拠点となり、20 世紀初頭の世界の生糸市場における日本の役割を証するモデルとなった。
 このことは、世界的に共有される養蚕法が早い時期に現れたことの証拠となった」(wikipedia一部参考)

ということらしい


まぁこんな頭の固いことを話していても

読者のみなさんはツマらないから

富岡製糸場内をちょっと見てみましょ














正門から入って正面に見えるのが煉瓦造りの倉庫

当時はフランスから職人を雇って地元の陶芸家が煉瓦を作っていたそうで

まだ煉瓦づくりに馴れず、煉瓦の色が様々だったり、イビツだったりしてる















一番の見所は「繰糸場」

ここで繭から糸を繰り出して「生糸」を作る


今ここに置いてある繰糸機は創業当時のモノではないけれど

だいだいやってることは同じだという















まずは繭をお湯に浸けたり蒸気を当てたりして

繭についている糊を取り、糸を紡ぎやすくする

富岡製糸場ではこの作業は違う棟でやっていて

天井を走っている黄色のバケツで運ばれてくる














そして繰糸機に数個の繭を送り

手箒みたいなもので糸の端を取り出し

鉤先で引っかけて糸を繰っていく

(この仕組みは説明を受けてもよくわからなかった)















一応、現地ガイドの人が説明してくれたんだけど

専門的すぎてイマイチよく分からん

ってかこの繰糸機が世界遺産として評価されてるところじゃないから

別に詳しく書いても意味ないねw


違うところでは

昔ながら方法で糸縒り体験をしていたから

そっちを見てみることにする














これをみると

どうやら生糸を作るには

お湯に浮かんでいる繭からまとめて糸を引っかけて

それらを回転させながら縒っていくらしい














写真では見にくいけど

一つ一つの繭から細い糸が集まってるのが見えますか?


ここで出来た糸はまだ「生糸」であって

ブリーチしまくった髪の毛みたいにザラザラ

光沢も全然ない


ここからアルカリ製剤で膠成分を取り除くと

独特のツルンとした肌触りと光沢が出てくる「絹糸(練糸)」になる

















まぁそんな感じですw

特にそこまで富岡の世界遺産については

書き述べていくほどの魅力は僕には感じられません…

期待していた方には申し訳ありません


聞いた話では

今年、この富岡製糸場と一緒に

シルクロードに関わる史跡が世界遺産に登録されたとのことなので

「絹を通しての文化や貿易の終着点」としての見方の方が面白いのかなって思いますね


まぁ今は世界遺産に登録されたばかりなのでドンチャン騒ぎですが

しばらくしたらそれも下火になってきたときに

落ち着いて「富岡製糸場の世界遺産である意味」を見学できるかもしれません



それにしても人が多い

それと同時にいちいち人に「日本一周してるんですか」と言われるのが面倒で

ホントに興味があって言ってくれる人ならまだしも

半分冷やかしで聞いてくる人も多いから厄介

ここはササッと退散して先に進みましょうw




実を言うと

「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録地には他に

下仁田の「荒船風穴」っていうのがあるんだけど

そこまではだいぶ山手にあるから今回はパス

ちょっと寄り道も兼ねて予定のルートとは外れたところを進む















やっぱり今日も暑い…

ときどき日陰で休憩しないと

頭がクラクラしてきそうだ


途中で若い女の子にポカリと飴をもらう

こういうときには一気に元気になるねw




そうそう

ここ一週間はほとんど西へ進んでいるんだけど

そのせいあってか、午後からは真正面に日差しを受ける形になってて

常にサングラスがかかせない状態


そして気になるのは僕の胸元には黒い一眼レフがぶら下がっていて

そいつが直射日光を浴び続けてるから信じられないくらい熱されてる

不意に写真を撮ろうとカメラを握ろうとすれば



「あちぃぃぃぃ!!!」

と、火にかけたヤカンみたいに飛び跳ねることになる


間違いなくカメラには良くないんだろうけど

すぐに撮れる場所に置いとかないと

突然現れるチャンスを取り逃がすことにもなりかねない


だれかカメラに詳しい人がいたら

日に当て続けたときの弊害なんかも教えてください














しばらく歩いていくと

目の前に険しい形のした山並みが見えてくる














これは妙義山といって

このあたりでは有名なクライミングスポットらしい















そして妙義山の麓にあるのが今日の宿「道の駅みょうぎ」

途中から急勾配を必死に登ってきた甲斐あって

裏には関東平野が望める高台にある


店員さんに話を聞いたら

この近くに温泉があるとのことでなにも考えず行ってみる















ここが「もみじの湯」

泉質ナトリウム炭酸泉とのことも

見事な無色透明で無味無臭

炭酸泉の楽しみ、肌のシュワシュワはなし


しかも入ったあとで気づいたけど

昨日も銭湯に入ってたんだった…

ああ、もったいない


モッタイナイオバケが出るわー







サッパリとしたところで

道の駅に戻り、晩ご飯を食べる















今日はキノコとシソのコンソメスープと白ご飯

チラチラと揺れる関東平野のネオンと満点の星空をみながら

至福の時を過ごす


余は満足じゃw






20:00頃

ゆっくり空を眺めていたら


なんだか駐車場でギャーギャー聞こえる

気になって出てみると

一人の女性が男二人とモメている


ちょっと心配だから遠くで様子を見てみると

最終的に女性は男二人の車から降ろされてテントと一緒に置き去りにされたっぽい


とてもキナ臭い気はしたけれど

民家も少ない山の中腹で時間はすでに21:00

さすがにこのまま女性を置いとくわけにはいかないから

声をかけて話を聞いてみる


どうやら

①昨日、男二人に拾ってもらい道の駅までやってきて

②男からは登山から戻ってきたら車に乗せるという話を取り付けて

 今日は帰ってくるまで1日待っていた

③夕方になって戻ってくると「こんなに待たせるのか!」と激怒したようで

④色々モメた結果、男二人の持っていた4人用のテントと共に置き去りにされたとのこと
 
(ちなみに僕が口論を聞き耳を立てていた限り「ここで下ろして!!テントも一緒に!!」と言っていた)


なんでこんなことを詳しく説明したかというと

その女性に話しかけたが最後、1時間半くらい話に付き合わされて


「あの人たちはね、これから歩いて富士山へ行けって言うんですよ?

 どんなことがあろうと女性をね、こんなところに置き去りにするなんて、信じられますか!?」

とずっと説かれていたからなんです


僕は別にその口論については興味がないし

逆になんで女性は男二人と一緒にやってきたのか、なにがしたのか

聞いても濁して話そうとしない


やっぱりキナ臭かった…と後悔しながら

とりあえず警察に電話して引き取ってもらうことに

(タクシーを呼ぶことは頑なに拒否していた)


しばらくしてパトカーがやってくると

今日歩いていたときに出会って声をかけてもらったお巡りさんが出てきて

「ごめんね、ここからは任せて。」とのこと


どうやら一昨日あたりから女性が何度も警察に通報していたらしく

事情はわかっているらしい

一応、僕が対応したことを話して引き取ってもらう


それにしても最後の最後にすごいことに出会ってしまったもんだ…

ドッと疲れたが出て寝袋に入り込み眠りにつく





























と、ここで終わったらハッピーエンドなんだけど

今日の神様はこれでは許してくれなかった










夜中の2:00ゴロ




「ブロロロロローーーーーーーーー!!!!!!」



という轟音と共に

地元のヤンキーが10人くらい集まってくる

しかも僕のテントの隣に。


おいおい

ゆっくり寝させてくれよ…


周りには他のキャンピングカーもいたから

僕のテントを囲むことはなかったけど

駐車場の中をマフラーを付けてないようなバイクで

ブイブイ走り回っている


僕は観念して、ラジオを付けてのんびり待つことに

すると1時間くらいで他のところへ行ってしまう



ふう。


と思っていると

今度は違うヤンキーがやってきて

ワイワイし始める


今夜は寝不足になりそうだと徹夜を決め込んでいると

なんとパトカーがやってくる

たぶん車で泊まってる人が通報したんだと思う

まぁ通報されたのは一つ前のヤンキーだと思うけど


こうなるとスンナリ物事は進まない


ポリ「未成年だろ!!免許みせろやコラ!!」

ヤンキー「んだとテメー!!さわんじゃねー!!」



そんなやり取りを僕のテントの隣で繰り広げ始める







……。





1時間位して

やっとお巡りさんが主謀のヤンキーをパトカーに連れ込み

コッテリしぼり始め

とりあえずは観念した様子


お巡りさんが解散を命じると

一目散に逃げ帰っていく






……。





なんだかすごい日だったな

世界遺産へ行ったことなんか吹っ飛んでしまうくらい

色々な意味で濃い一日だったわ


たぶん同じく駐車場で寝ていた人も寝不足になってるに違いない

まぁこんな日もあるからこその旅なのかもしれない



そんなことを思いながら

もうすぐやってくる夜明けまでもう一眠りできるかな…







旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Comment

増田文雄 says... "大変だね。"
いろいろあるんですね。へこまないべーすけさんが凄い!
2014.07.24 08:17 | URL | #b8/4aSMw [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.24 19:23 | | # [edit]
名無し says... ""
徒歩日本一周の同好の志です
途中の大きな駐車場なんかにタイヤ痕があるかどうかは
その地方で走り屋らが生息しているかの大きなチェックポイントですね
富岡は遺産になる前に行きましたが、ボランティアのガイドさんの
話がとても面白かったのを覚えています。そんなに増えちゃったら
彼らも大変だなぁ。
2014.07.26 08:02 | URL | #- [edit]
べーすけ says... "Re: 大変だね。"
>増田さん
毎日ヘコんでますよw
ヘコんでるけど、持ち直すように考えてますw
じゃないと旅の間永遠にテンション低くなっちゃいますしw
一人旅では精神的にもセルフメンテナンスが必要みたいですー
2014.08.04 17:29 | URL | #VEUMvR1o [edit]
べーすけ says... "Re: 手紙ありがとう"
>カンザワさん
お久しぶりです!
お手紙届いてよかったですw

千葉からはどんどん離れてしまってしまいますが
またお暇なときにでもノゾいてみてくださいw
2014.08.04 17:30 | URL | #VEUMvR1o [edit]
べーすけ says... "Re: "
>名無しさん
コメありがとうございます!
地元のヤンキーは面倒ですが、イカツイおっちゃんとかは逆に応援してくださることが多いですw
前も新潟で改造100%のゴツイ車の集団には「がんばれよ!!」とクラション鳴らして鼓舞されましたよー

富岡製糸場はちゃんと理解しないと面白くない世界遺産ですよね
日光とかなら「ギラギラしてるやん」とか視覚的にわかるんですが…
まぁ世界遺産フィーバーも何年かで、落ち着いてきたときが観光時ですねw
2014.08.04 17:37 | URL | #VEUMvR1o [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/387-7f4fab56
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。