べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝床の上には…  ~ 7月10日(木)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   2 comments   0 trackback







[総日数]     323日(日本橋出発後483日経過)
[今日のルート]  群馬県太田市「道の駅おおた」~埼玉県深谷市「道の駅おかべ」
[進捗状況]    新たな世界遺産へ…
















昨日はシトシト雨が降っていて

今朝も起きてみるとやっぱり降ってる


予報では台風が今夜あたり周辺を通過するとのこと

この雨もそれの影響なんだろうか


軒先の下で寝ていたとはいえ

やっぱり湿気は防ぎようもなく寝袋やザックをジトッと湿らせている













ザックカバーと折りたたみ傘をつけて、カメラは防水コンデジに変更

すっきりしない気持ちのまま準備をして出発

今日の予定は30km先にある道の駅まで行ってしまいたい

最悪道の駅なら台風に襲われても何とかなる


相変わらず道路は北西に向かっているから

左に曲がって、右に曲がって…とジグザグに進んでいく














伊勢崎市に入ったと思ったら














利根川を越えて埼玉県に?

なんと南下しすぎて関東まできちゃいましたねw


深谷市といったら

あの日本一周ブログで有名な旅キャン「深谷ねぎ」さんの本拠地

残念ながら深谷さんは北海道にいるので会えませんが…


そういや利根川と言えば

前回通過したのは千葉県の銚子あたり

旅を始めたばかりの頃だったなぁ

それからすでに一年以上経過して

再び同じ川岸へ戻ってくる


まぁここへ来るのは予定外のことだったわけだけど

それでも一度は日本の一番北から往復してきたわけだから

我ながらよく歩いたなぁーと思ってしまう













一番近道になりそうな県道を歩いていると

ちょうど今回向かっている世界遺産の登録地があったので寄ってみる



まぁネタバレになっちゃいますが

今から攻略する世界遺産は今月遺産登録されたばかりの「富岡製糸場と絹産業遺産群」でして

言うなれば「富岡製糸場が進めた蚕の優良品種の開発とその普及に重要な役割を果たした養蚕業関連の文化財」

ということらしい


正直なところ、

絹産業自体には全く持って興味はなく

日本国内では後世に残すに値する財産だとは思うが

世界で共有すべき遺産というのはなんだか大げさな気もする


そういうある種の懐疑心もありつつの世界遺産訪問でして

ある一方では、その気持ちを打ち崩してくれるような

素晴らしい体験ができればとは思ってるんだけど…














さて、今日寄ってみたところは「田島弥平旧宅」

ここの主人である田島弥平サンは養蚕を営んでいて

年によって大きく上下する蚕の成長について建物を色々工夫したり

独自の養蚕技術を本にまとめるなど、当時の養蚕発展に尽力したんだそう














これが母屋で

一階が住居スペースになっていて

二階には蚕を育てるために間仕切りのない大部屋があったそう




「絹(シルク)」と聞くと

なんだか優美で贅沢なイメージがあるけれど

絹糸を作るということは、原料の繭を作る蚕という幼虫を育てなきゃいけないということ














その作り方を調べてみると

まずは蚕の卵を大量に孵化させて

小さな間仕切りをしたアパートみたいなところに住んでもらう

話では何万匹になることもあるという














幼虫には大きくなってもらわないといけないから

大好物である桑の葉っぱを多量に与えていく


大きくなると幼虫が透明になってくる

それが蛹になるサインだそうで

その幼虫は仕切りのある箱に入れて繭を作り出す













養蚕家の作業は繭を作るまでで

そこから絹の原料である生糸を紡ぎ出すのは違うところでやるのでここでは割愛



まぁココでの話を聞くと

母屋の二階には「超大量」の幼虫がウネウネしてて

その下で普通に生活をしていたということ






ぎゃあああああああ!!!!







虫嫌いの僕としては考えただけでもゾッとする衝撃の光景

(実際、このブログを打ってるだけで鳥肌が立ちっぱなしw)


台湾を回ってるあゆみサンも虫には馴れたと言っていたけど

さすがにこの情景で暮らすとなると卒倒するかもしれない

(いや、卒倒してるところも見てみたい気もするw)


まぁこれが「仕事」なわけだから、しょうがないと言えばしょうがないし

当時、養蚕はものすごく稼いだということだから

幼虫サマサマだったのかもしれない


僕にとってはどんだけお金をもらったとしても

絶対請け負いたくない仕事の一つかもしれない













ちなみにこの母屋の屋根はちょっと変わってて

大きな屋根の上に申し訳なさそうに小さな屋根が乗っかっている


これは自然の空気を循環させるための「櫓」で

これによって安定的な養蚕を可能にした

日本での近代養蚕技術の原型らしい


こういうことを開発したのが

この邸宅の主人である田島弥平ということですね




やっぱり「世界遺産」というのは

世界遺産になるべくした背景を理解しないと意味がない


ただ「建物見に行ってきたー!」では

なぜ人類の宝として残していくべきなのかが分からない


特に世界文化遺産であるこの「富岡製糸場と絹産業遺産群」は

建物などより「その文化的背景」が重要視されているとのことだから

なおさらしっかり学ばないと世界遺産へ行ったということにはならないかもしれない


逆に「日光」とか「平泉」とかは

まさに煌びやかで建物としての価値もあるだろうから

目に見えてわかりやすいよね














近くにあった観光センターでは

田島弥平旧宅の説明ビデオやちょっとした紹介がされている














蚕の繭を発見

僕は初めて触るかもしれない(コンデジのためピントあってません…)

柔らかいのかと思っていたけどかなりカチカチで

ピンポン球を触ってるような感触


振ってみるとカラカラと「ナニカ」が入っている…



一通り勉強させてもらったところで時計をみると

すでに12:00前になっている

ここから目標の道の駅まではまだ20km以上はある


予報では午後から台風の前線がやって来るみたいだから

ぜったい間に合わない



色々考えた結果

ここから少し戻ったところにある道の駅に向かうことに

無理していくより、安全なルートを選択した方が良い
















2時間ほどして「道の駅おかべ」に到着

まだ昼過ぎだから、とりあえずは近くの公園へ潜入して

道の駅が静まりかえるのを待つ


あたりもだいぶ暗くなってきたころ

外を見ると

なんでか赤い夕日が見えている



夕方から大雨になるんと違うんかいw



なんだか騙されたような気持ちになる

この時間まで晴れてるなら本来の目的地まで行けたやん…



よる21:00になると道の駅も夜の帳を下ろしていく

雨はあいかわらず降りそうにはないけれど

もしかしたら台風が騙し討ちしてくるかもしれない


今潜伏している東屋では台風のような横殴りの風には無力だから

しっかりとした壁のある軒下に移らないと


台風がくる気配は全然ないけれど

念のため、道の駅の直売所前のスペースにテントを建てる



旅では念には念を押し過ぎることはない

旅での判断ミスは全て自分の責任として降りかかってくる

それは結局、本来必要のない滞在を余儀なくされたり物品が破損して出費が嵩んだり

しなければならなかったこと以上のロスに繋がってしまう



「手間を惜しまない」

これは結構大事なことなのかもしれない



まぁそういう「リスク」みたいなものが

かえって面白さに繋がってくるんだけどねw







旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Comment

山本五十六 says... "こんにちは"
元気に頑張ってますね

べーすけサンが群馬県の世界遺産を見てる頃?
7/12~7/13に私は富士山山頂に行って来ましたよ
時期的に少し早すぎた感じで山頂のトイレ等の設備や剣ヶ峰までのルートも積雪で通行禁止でした
曇ってて御来光を見損ねました(T_T)

情報
基本的に富士山は幕営(テント)禁止で関係者のパトロールが頻繁です
しかし、富士吉田登山道五合目の佐藤小屋にテント場があります
500円
詳しくは自分で調べて下さい
2014.07.23 01:38 | URL | #XoLF36RQ [edit]
べーすけ says... "Re: こんにちは"
>エセ山本さん
富士山については今までに2度登ったことがあります
まぁ2度とも富士吉田からでしたが…
富士山はまだまだ先になりそうなので、ボチボチ考えていきますww
2014.08.04 17:24 | URL | #VEUMvR1o [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/385-4ee01298
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。