べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津輕  ~ 5月18日(日)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   0 comments   0 trackback






[総日数]     270日(日本橋出発後420日経過)
[今日のルート]  青森県五所川原市「道の駅十三湖高原」~青森県五所川原市「芦野公園オートキャンプ場」
[進捗状況]    下北半島を攻略中







朝起きるとなんだか寒い…

たぶん10℃切ってんじゃないかな?

こんな状態でブログなんてまとまらないから

休憩時間にでも打つことにしよう


とりあえずはご飯を炊いて

麻婆豆腐の素をご飯にかける「真・麻婆丼」を食べる


いい感じで温まったところで

ストレッチをして(コレ大事)8:00出発

うーん、ブログを打つのがなかったらこんなに早いもんなのか…
























9:00ごろの電光掲示板では10℃と表示

まぁ普通だったら寒いんだろうけど。


北海道ではー10℃の夜を越えたりしてたのに

今では10℃でも寒い寒い言ってるわけだもんな

ずいぶん身体が鈍ってしまったもんですわー















十三湖湖畔に到着

ホントだったら昨日のうちに到着してるはずだけど

ザックを交換するため五所川原市街へ遠回りしてるんだよねー













最近、青森を歩いてて気になるのは

道路脇に鎮座してるお地蔵さんの隣にある岩














「百万遍」と書いてるみたいで

かなり年期の入ってるのもある


お地蔵さん自体は

旧道や街道にはよくいらっしゃって

僕らを静かに見守ってくださっているワケだけど(ありがとうございます)














この岩は今まで見たことがない気がする

それとも今まで見過ごしてきたのかな?




※後で調べたところ

 「百万遍」とは、京都や岩手などで行われている「地蔵盆」の行事の一つだそうで

 みんなで念仏を唱えながら1080珠ある大数珠を回すというものらしい

 元々は京都の知恩院(通称・百万遍)からきてるらしい

 僕は兵庫と鳥取に住んでいたけど、いずれの地方にもなかったなぁー












 
しばらくして金木町へ到着

金木町と言ったら…分かるかもしれませんね

こちら!













「斜陽館」

斜陽館とは、文豪・太宰治の生家なんですよねー


ん?

太宰治って「羅生門」だっけ??(それは芥川竜之介w)



実は、僕はあまり太宰治ってしらなかったんだけど

津軽半島を歩いてるときに

太宰治も同じ足跡を辿って「津輕」っていう小説を書いたって言うのを聞いて

これはちょっと読んでみようかなって思ったわけです














まずは斜陽館となりのお土産屋さんで「津輕(旅解説付き!)」を購入

これは明日にでも読むとしよう















次は本題の斜陽館に入ってみることにする

太宰治は大地主の津島源右衛門の十男として、

680坪という大豪邸の一室で産声を上げた














太宰治はこの家のことを

「この父は、ひどく大きい家を建てた。風情も何も無い、ただ大きいのである」

と言ってるけど

僕だったらめっちゃ嬉しいわww














太宰治は小さい頃から病弱で

外に出れない代わりにたくさん本を読んでいたとのこと




中学校から自身で雑誌を刊行、「最後の太閤」などを書き上げたそうで

そのころから文才があったんだなぁ













大学入学後からは荒れた生活をしていたみたいで

芸者と駆け落ちしたり、何度も投薬自殺をしたり

なかなか波瀾万丈って感じの人生を送ってる














今まで「人間失格」「斜陽」は読んだことあるけど

どれも絶望感というか、自分自身への諦観というのか

ネガティブな感情が根底に潜んでいるようで

あまりピンとこなかった気がする

(今だったら違うかもしれないけど)


たぶんそういう書き方は

太宰治が持ってる元々の本質からきてるような気がする

ってか彼の歩みを見ると尚更感じる













んで、彼の最期は

彼の愛人と赤い糸を結んで一緒に入水自殺ということになっている…けど、

ちょっと調べたところ

どうやら太宰は検視で水を飲んでいなかったようで(普通は入水時に水を飲んで溺死)

入水前に絶命、または仮死状態だったのではないかと言われてるらしい

これってもしかして無理心中ってヤツか


近代文学のころって

ホントに「命懸けて書く」って感じだったと思うから

そういうのはスゴく魅力的だったんだろうなー

男としても女としても。
















僕も「死ぬ気」というのは興味をそそられるし(別に自殺願望があるわけじゃないですよw)

その域に達するまで、一つのことをやり抜きたいって気持ちがある


まぁ自殺をするっていうのはちょっと違う気はするけど

これはこれなりに太宰治が考えたやり方なのかもしれない

(最期の自殺は故意じゃなかったっぽいけど)





まぁこんな感じで斜陽館にお邪魔しましたっと。

さて、時間は16:00


今から歩き始めても夕方には五所川原市街に行けちゃうわけだけど

昨日言ったとおり、19日に五所川原のホテルに泊まらざるを得ない状況でして

今日中に行く意味は無し



近くに芦野公園っていう大きな園地があるらしいから

そこに泊まることにしようかな














芦野公園に行ってみると確かにデカイ

溜め池を中心とした公園のようで

青森では有数の桜の名所でもあるらしい


園内を徘徊してると

オートキャンプ場があるらしいことを聞いたので行ってみる
















おお!

なんとキレイなキャンプサイト!!


炊事場やトイレ、ゴミ捨て場も付いてて

さらには車が乗り込めるオートキャンプスペースまである!

聞くところによるとここは無料らしい♪


なんと素晴らしき青森県民。

ビバ青森!














さっそく炊事場の近くに幕営して

張り綱とペグダウンをしておく


近くに大型スーパーもあるし

温泉もあるらしいし

ここだったら何日いてもいいなぁー








さぁてと、今日はゆっくり寝ることにしましょうか

明日はとうとうザックの届く日だ!!

楽しみ楽しみ♪





旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/344-f1b502ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。