べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いにしえの恩恵をうける  ~ 5月12日(月)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   2 comments   0 trackback






[総日数]     264日(日本橋出発後414日経過)
[今日のルート]  青森県青森市「」 ~ 青森県外ヶ浜町「トップマスト」
[進捗状況]    津軽半島を攻略中







いつもだったら

朝になると朝日がテントに降り注いで目が覚めるんだけど

今日は一向にテント内が明るくならない













天気はあまり良くないようで

雲の後ろで必死に光り続けている太陽が見える


昨日が暑かったせいか、夜間の気温差で朝露が降りてきていて

テントもだいぶ濡れてしまってる

今日は早いこと撤収したいのに曇り空ではなかなか乾かずゴタゴタする


しょうがないから完全に乾く前にテントを畳んでしまう

また晴れたときにでも乾燥させよう













7:00に出発して向かったのは津軽海峡フェリーのターミナル

情報によると、ここでは電源が解放されてるとのこと













案の定、2Fの待合室にコンセント付きのテーブル発見

さっそくタブレットを充電させながら日記の打ち込みを始める













広大な北海道に向けてフェリーが出発するのを横目に

ブログをカタカタと綴っていく


ようやく終わったのが10:30ごろ

そのころにはタブレットの充電も満タンになったようで一安心


荷物を整理してターミナルをでる












もしかしたら、再びこの海を越えることがあるんだろうか…

そのときはフェリーを利用させてもらいます!












今日のルートは一路北上して津軽半島を通過する予定

下北半島よりは小さいから

比較的早く攻略できるんじゃないかと思う












油川市街に入ったところで

羽州街道と松前街道との追分(分岐点)がある

油川から津軽半島を北上して三厩(ミンマヤ)に到達、

そこから航路で北海道の松前まで辿るのが松前街道

蝦夷地の物資を運ぶため、当時は重要な宿場町だったに違いない














今は寂れた田舎町のようになってしまってるけど

よく見ると地酒の酒蔵があったりと、

そのころの賑やかな雰囲気を感じさせられるところもある

(当時は日本酒というのは主に流通させるものではなく、

 宿場町ごとに地酒の酒蔵があって、名産物と合わせて宿で頂くというスタイルだった)












油川を過ぎると民家が続く細い道をひたすら進む

センターラインもない道だけど、れっきとした国道280号線

本筋の松前街道なわけだけど車通りは少ない

どうやら隣にバイパスがあるらしく

そっちがメインの幹線になってる模様


でもやっぱり多くの旅人が歩いてきた街道を歩いた方が

僕の旅らしい気がする



ちょっと話は逸れるけど(いつも逸れてるw)

江戸時代まで大きな街道には宿場町が点々とあって

旅人はそこに泊まって疲れを癒していたんだよね


今も国道沿いにあるちょっと大きな町は

以前の宿場町だったところも多い


そして宿場町と宿場町の距離ってのが実に面白くて

江戸時代の旅人が一日に歩く距離は

「男十里、女八里」と言われていて(一里は現在で言うと4kmくらい)

宿場町もそれに合わせて30km前後にあるっていうこと


特に大きな街道になると

15kmくらいの感覚で当時の宿場町があったりする


そして僕はだいたい一日25kmから30kmで歩いてるから

山道とかに入らない限り、かならず一回は宿場町を通過するわけ

そしてそこには小さな商店なんかもあったりするから食料も補給することができる


さらには旅人の疲れを癒すために温泉が湧いてる宿場町も結構あって

僕ももれなくそーゆーところでお風呂に入れるってわけ



なんかまとまりの無い話になったけど

要するに、日本は歩き旅をしやすいお国柄だっていうこと


今は自動車や公共交通機関が発達し移動スピードが飛躍的に上がってしまい

宿場町の存在すら消えつつあるけど

僕のように極まれな旅人にとっては

今でも有り難いオアシスだったりするわけですw














しばらくして蓬田村に入る

ここも以前は宿場町だったそう












海岸線に出ると

一週間まで歩いていた下北半島が見える



蓬田村に入ったあたりから

左足の踵に痺れるような痛みを感じるようになる


実は昨日の夜に左足のアキレス腱を痛めたようで

腱の付け根にあたる踵が踏み込む旅に痛くて

普通に歩けないくらいだったんだよね


そのときにちょうどコインランドリーで温泉を紹介されて

温泉銭湯では温泉に入ってから水風呂に入るのを何度も繰り返して

超回復が促進されるように頑張ってた


その甲斐あってか

午後を過ぎても痛みは無かったんだけど

蓬田村でとうとう再発してしまったみたい



僕はもともとアキレス腱は堅いみたいで

ウンコ座りができないくらいカチカチだった

それは陸上部のときもそうで、

身体は柔らかくてもアキレス腱だけはどうしようも堅かった


今は全身に筋肉はカチカチに堅くなってて

前屈もロクにできないくらい(これは以前お話ししましたよね)


もしかしたら堅くなった筋肉が

余計にアキレス腱に負担を与える歩き方をしてたのかもしれない


これについては師匠のあゆみサンにも怒られたので(怖いよーw)

これからは出発前にストレッチをしていこう

今度会ったときに追試があるみたいだから、それまでにはフニャフニャにしとかないと…ブルブル














海沿いの道に出ると

下北半島は薄くモヤがかかって

まるで追い求めても辿り着かない幻の島のよう













18:30にようやく外ヶ浜町に入る













夜になる直前に外ヶ浜町の中心地、蟹田へ到着

今夜はここに泊まることにして

トップマストと言われるタワーの近くに行ってみる

すると思惑通り東屋や水場を発見、

今日は寝袋を広げてテントは張らないことにする


どうやら今夜にかけて雨が降るみたいだから

すぐにでも動けるようにしとかないとね


もし明日も晴れなら

足を癒すために停滞するのもアリだと思うしね


それじゃあ今日はここまで

オヤスミナサイ!





旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Comment

コバ says... ""
自分の方は左足の方はテーピングなしでも大丈夫になりました。
ただ、マメできてから両足の小指がまだ完治してないので、まだ油断はできませんが。

ストレッチは大事ですよね、自分は体固いので必ず準備運動はかかさずします。
お互い早く足の完治するといいですね。←無理せず休息とるしかないですが…

あとこっちは夜に雨がポツポツ降ってます
2014.05.14 01:33 | URL | #- [edit]
べーすけ says... "Re: "
>コバ
返信遅くなった汗
とにかく身体だけは大事にしないとねー
コッチの足はやっぱり尾を引いてるみたいで
長時間歩くと痛くなってくる感じかなぁー

ちょっとずつストレッチとかしてホグしていくしかないかなw
お互いがんばろー
2014.05.16 05:44 | URL | #VEUMvR1o [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/338-f952cb8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。