べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べーすけ氏、地獄行きが決定したようです  ~ 5月7日(水)  日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   4 comments   0 trackback







[総日数]     259日(日本橋出発後409日経過)
[今日のルート]  青森県むつ市「しもきた克雪ドーム」 ~ 青森県むつ市恐山
[進捗状況]    地獄を徘徊中







昨日寝てた「しもきた克雪ドーム」はとなりに大きな芝生の公園があって

よゆうでテント泊も出来そうな感じ(許可とかそういうのは知りませんw)












設備もすごくキレイだし、なにしろ警備とかでピリピリしてないのが良い

都会の施設になると、事あるごとに「立ち入り禁止」とか書いてあるからなぁ












5:00のタイマーに気づいてムクムクと起き出す

ホントは寝てたいのも山々なんだけど

今日は山に登る予定だから早めに起きなきゃ!(うまいこと言ったw)


チャチャッと片づけて

公園の水飲み場で顔を洗う


さて、本日登る予定の山というのがですね…













巨大にマッシュルームのとなりに聳える下北最高峰、釜臥山

…のとなりにある「恐山」です!!


恐山と聞くと

日本三大霊場のひとつで

火山ガスが吹き出す岩肌に死者が積み重ねたという積み石が散乱し

風車がカラカラと回る、まさに死者の国を思わせるような情景だとか…


また、現世をさまよう霊があつまるとも言われていて

数多くの心霊現象も確認されているという…






マジすか。





ちょっと恐いけど

行ってみないとわからないこともあるよね

僕は今んところ心霊的な出来事に遭遇したことはないし

もし人生経験の一つで、そーゆーのも体験しても良いかもしれない


あとは、恐山でどうしてもやらなきゃいけないことがあるんです

それは着いてからお話しします



ってな感じで行ってきます!


ちなみに恐山へは普通、車かバスを使うんだけど

バスは片道800円という暴利だから、往復なんてのは絶対ムリ

往路は歩いて登ることにして、復路はそのとき考えよう



7:00過ぎにドームを出発して

コンビニでお昼のおにぎりを購入

市街地のバイパスを抜けて、県道4号線へ入る













これが昔からの参道のようで

林のなかを滑るように進んでいく


昨日とは打って変わって、辺りが全て緑に囲まれてて

まるで森林浴をしているよう

濃い緑の香りが空気全体に溶け込んでいて

呼吸をするたび、肺の全てが新しく生まれ変わったような気持ちになる













道端をよく見ると

ちいさなお墓みたいのがある













どうやらこれは恐山までの距離を示す「丁石」というやつで

今で言う道路標識みたいなかんじ


おそらく歩きが主な移動手段だった頃は

これを見ながら、刻まれてる数字が少なくなるのを励みに登ってたんだと思う


どうやら

この丁石は120~30mくらいの間隔で建ててあるようで

ここに書かれてる百一二丁っていうのは、だいたい15kmってところだろう


僕も昔の人と同じように

丁石と一緒に登っていこう!













七十五丁になると

なだらかな坂から傾斜10度以上の急坂になる


そうこなくっちゃ、山登りじゃないよねw

今回の山登りは、登山の予行練習としても考えてて

今後はルート付近にある秀峰もちょこちょこ登っていこうと思ってます


もし、日本海沿いで面白い山をご存じでしたらご連絡くださいw













四十丁あたりになると周りできれいな花が咲いている














おおっ、これはミズバショウじゃないですか

けっこう坂道を上がってきたから

高山植物の生息域になってきたのかな















こっちにはフキノトウらしき植物が顔を出している

季節はもう梅雨に入ろうとしているけど

ここはまだ春が訪れたばかりみたいだね















途中で見つけたのは恐山冷水っていう湧き水














この水は

一口飲むと10歳、二口飲むと20歳若返ると言われてるらしい

僕は頭からカブって足を冷やし、5杯くらい飲んじゃったから

たぶん先祖返りしちゃったかもww


とにかく冷たくて、おいしい水でした















なんだかんだ歩いて十丁を切るころになると

視界が開けて湖が見える


この辺りから風に乗って

卵が腐ったような硫黄の臭いが流れてきてて

次第にこの世との境目に近づいている雰囲気になってきてる













そろそろ恐山へ入ろうとするところに赤い橋が…

これはなんと三途の川に架かる、三途の橋らしい!


この橋を罪深き人が渡ろうとすると針山のように見えるらしいけど

僕には普通の橋にしか見えないからここは突破できそう…



と思ったら、そうは問屋が卸さない



橋のとなりにいるお婆ちゃんと鬼さんが実にやっかいで

三途の川を渡るときに鬼さんが身ぐるみを全部剥がしてしまい

お婆さんが身につけてる物の重さをはかって、地獄に行くかどうか決めるらしい



~~~~~精神世界~~~~~



鬼「おい!着てるもの全部よこせ!」

べーすけ「これ重いけどいいですか、ドスッ」

鬼「こりゃ相当重いんじゃねーか、何積んでんだ?」

べ「食器とか服とか…あとタブレットも積んでます」

鬼「おいおいずいぶん欲を背負ってるな、婆さんはかってやってくれよ」

婆「こりゃ私がはからなくても地獄行き決定じゃわ!」

べ「おい、おま…うわああああああああ!!」






ヒューーーーーーン。





~~~~~~~~~~~~~~







どうやら、僕は地獄行き決定だそうです

南無南無。












悪戦苦闘しながら

ようやく本丸の恐山へ到着

入山料として500円払って門をくぐる












とうとうやってきましたね

ここが日本三大霊場の恐山


入り口の山門もかなりゴツくて

これからの厳しさを感じさせる













山門をくぐってド真ん中にあるのが本堂

ちなみに両サイドに見切れているボロ屋はあとのお楽しみ♪


ここで観光チックな説明をしますと

「恐山は今から1200年前に慈覚大師円仁によって開山された霊場で

 全国行脚の果てに恐山を訪れて際に何かを感じ取って地蔵菩薩を彫り本尊とした」とのこと




さてさて、円仁さんは恐山で「なに」を感じ取ったのでしょうか?

この続きは第2弾でお送りします!!

おたのしみにーw






旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
 





スポンサーサイト

Comment

けんぽ says... ""
お久しぶりです!ヤドカリの時、一緒に競馬見たあいつです!笑

日本周ってて恐山だけは、やっぱり特別な場所でした( ゚д゚)
もう一度行きたいです笑

鳥取の大山?に投げ入れ堂っていうところがあるのですが、断崖絶壁の岩肌に寺が組み込まれてて、今の技術でもそんなところに建てられないのに、なんでそこにあるんだろうという珍百景らしいです。ぜひ!笑

2014.05.07 22:05 | URL | #- [edit]
深谷ねぎ says... ""
初めて、コメントします。
たそがれの旅の深谷ねぎです。
今日、福島県の二本松市で、
トラックピアニストさんとお会いしました。
話が盛り上がって、5時間近く話しました。
べーすけさんのことも、よくご存じで、写真も見せてもらいました。

べーすけさんとも、お会いしたいです。
こちら車で、北上中です。
近くになったら、歩いているべーすけさんを探します。
その時は、よろしくです。
2014.05.07 23:30 | URL | #- [edit]
べーすけ says... "Re: "
>けんぽクン
お久しぶり!
ばんえい競馬では勝ってたけど、そのあとも好運は続いてる?

投入堂は知ってるよー
ってか、僕の故郷は鳥取だからねww
また行ったらブログにのせるわーあ
2014.05.08 20:53 | URL | #VEUMvR1o [edit]
べーすけ says... "Re: "
>深谷ねぎサン
コメありがとうございます!
充電等の関係で深谷さんのブログを毎日見れないと思うので
僕の場所が近くなったら、コメントなどでご連絡ください!
2014.05.08 20:55 | URL | #VEUMvR1o [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/332-9abc8e86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。