べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン考察  ~ 5月6日(火) 日本一周 徒歩の旅 ~

Posted by べーすけ on   0 comments   0 trackback






[総日数]     258日(日本橋出発後408日経過)
[今日のルート]  青森県むつ市川内町の海浜公園 ~ 青森県むつ市のしもきた克雪ドーム
[進捗状況]    下北半島を攻略中







昨夜の晩ごはんで鶏皮を煮込もうと思ったら

トレーに入ってる吸水パッドも一緒に煮込んじゃったべーすけです


食べる直前までぜんぜん気づかなくって

フォークで刺して口に入れてみたら…鶏皮じゃないじゃんww

皆さんも同じ体験ありませんか?













今日は思惑通りに朝から快晴!

さっそく洗濯物を日の当たる場所へ移動させて乾燥乾燥♪













あんまりにも天気がいいもんだから

ついでに寝袋や上着とかを日光消毒させる


これをやるとやらないとでは

臭いが全然違うんですよ!ホントですって!!










 


ある程度、服が乾いたところで出発

今日はホントにいい天気だ













風はちょっと冷たいけど

日差しはまるで真夏のように突き刺してくる


袖を捲り上げてる腕がみるみるうちに赤くなってくる

牧場バイトの間にすっかり白くなった肌だけど

また旅人のように真っ黒になるのも、そう遠くなさそうだねw












松の防潮林と、それを縫うように走る海沿いの道

なんか日本って感じだよなー


北海道では見かけなかった風景

潮の香りと若い松の香りが相まって

夏の想いでのような、そんな初々しい気分にさせてくれる










気持ちよく海岸線を歩いていると

とつぜん道ばたに「下北ワイン」!?













どうやらここは「サンマモルワイナリー」という醸造所らしい♪

もちろん僕の食指は伸びまくって、考える余地もなく入店!













元々ここはワイン用のブドウを山梨へ出荷していたんだけど(たぶんメ○シャンかな)

6年前に自分たちでワイナリーを作ってワインを作り始めたんだそう


現在はピノ・ノワールをはじめ、スチューベンをなどを栽培して

そのいくつかは国産ワインコンクールで銅賞を受賞したそう


ちなみにラベルに書いてある似顔絵は社長の子供だそうで

自分たちの顔を載せるほど自信があるということらしい












んで、ここではテイスティングが出来ると言うことで(これは歩き旅の特権w)

さっそく自信作からいただくことにする














現在は2012年モノから扱っているということだったから

やはりというべきか、ワインが全体的に若い感じで

熟成したような丸みや深み、コクなどはまだまだ足りない気がする


だけど、丁寧に作っているのが伝わってきて

上品で舌触りの良い、とても飲みやすいワインに仕上がってる


ここでは通常のワインのほかに

無濾過のモノや自家品種の山ブドウをブレンドしたワインも作っているそう



さすがにテイスティングして何も買わないわけにもいかないから

ライトボディのハーフボトルを購入













今後に期待したいワイナリーですね♪





昼過ぎになったからお昼ごはんにしようかな

今日はパンと下北ワインww













ワインオープナーでコルクを抜くと

甘酸っぱくて元気のいい香りが立ちこめる












こんな晴れた日にのんびりワインを飲むなんて

なんて気持ちいいお昼なんでしょ♪



ちょっと話は変わるけど

たぶんワイン文化が根付いてるイタリアやフランスにとって

ワインというはスゴく身近な飲み物だったと思うんだよね


今は車とかあるから朝っぱらから飲むってわけにはいかないだろうけど

人力で物事が動いていた頃は

それこそ昼休憩とかで…


村人A「今日は暑いな、ちょっと飲むべ?」

村人B「んだんだ。」

みたいな感じで、普通に飲んでたんじゃないかなぁ


今はどちらかというと

ワインは贅沢品みたいになってしまっていて

カッチリしすぎてる気がする

ちょこっと飲もうって感じじゃない


新約聖書にもよくパンとワインが出現するんだけど

それほどヨーロピアンの生活にとって欠かせないものだったのかもしれない



日本では「お酒」っていうと

「御神酒」っていうイメージが強いから

昼間っから飲むって言う雰囲気じゃないよね


しかも日本酒は全体的に淡泊すぎて

単品でグイッと飲むようなお酒の種類じゃない気がする

どちらかというと、肴と一緒にチビチビって感じだよねw



あぁもっとお酒をフランクに飲めるようになったらなぁー

なんて、呑んべぇすけの独り言でした。













飲みきれなかったワインは

プラティパスの容器に保管しておく


これだとカサバらないし、空気に触れないから参加も防げる

まぁ歩いてる間にも飲むから、今日中には空になっちゃうけどねw


だけど歩いてるときに飲むワインはこういう上品のじゃなくて

もっとゴリッとしてるというか、

田舎ワインのようなフタクセくらいあるようなワインの方がいいね


たぶん昔は細かい温度管理なんてできなかっただろうし

常温、もしくはちょっとヌルいくらいでグビッと飲めるワインだったんだと思う













むつ市街に近づくと

目の前に下北半島最高峰の釜臥山が立ちふさがる

これもまた綺麗な山だから

ついつい登攀欲にかられてしまうなー













良湾の陸奥港には海上自衛隊が駐留しているようで

住宅地のすぐそばで大きな巡視船が見える

近くで見たらもっとスゴいんだろうね














そろそろ市街地が見えてきた

なんだか海岸線に白いキノコが生えてるみたいだ

なんだろね













下北線の終着駅であり、本州最北の駅である大湊駅

だけどそんな雰囲気は微塵もなくって

普通のちいさな駅に留まってる

もっと広報したら集客力になると思うんだけどなぁー



17:00ごろにむつ市の中心街へ到着

きょうは野宿旅の鉄板、「マクドで徹夜」を実行予定

あと一時間くらい先にあるはず…と思ったらすぐそばにあったww

徹夜で入店するにはちょっと早いけど

ブログや調べものもあることだし入ってがんばりますか!












ギャーギャーと騒ぐ厨房のガキどもにガンを飛ばしながら

パタパタとキーボードを打ち込む


22:00ごろなると店員がやってきて

「店内の営業時間は24:00までとなっておりますので…」

と末期患者の余命宣告のように囁いてくる


えぇー

ネットでは24Hって書いてたけどな…


かといって、ここで渋っても何も始まらないので

キリの良いところで撤収して夜の町をさまよう



マクド以外に寝場所を考えてなかったから

しばらく模索していると

途中で白いキノコが生えてるのを思い出して

そこへ向かうことに


大平岸壁にモコッと生えていた「しもきた克雪ドーム」を選んだのは大正解だったようで

いたるところに軒下や芝生がキレイに張られてる

時間はすでに23:00を過ぎていたから

テントを建てずに、軒下に寝袋だけ広げて寝ることに


今日はお酒も飲んだし、パソコン打ちで頭も使ったし

よく寝れそうだわーw


明日は「地獄」を見に行こうと思ってるんだけど

無事に帰ってこれるんだろうか…ブルブル






旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/331-5f7eb6e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。