べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本徒歩一周の旅~四国八十八カ所編~ 23日目

Posted by べーすけ on   2 comments   0 trackback

はーい

べーすけです(´▽`)ノ





今日はダムの上の公園より

スタートです


幕営してたとこの下はこんなになってたのね

着いたときには暗闇だったから判らんかった汗









今日は昨日とうって変わって快晴

と言ってもテントとか傘が濡れてるので

ちょっとゆっくり気味で準備して

10:00ごろ出発





その頃には

辺りも暖かくなってきてて

かなり快調

ピクニック気分で歩く


冬の空はきれいだなぁ


ギュイーーーーーーーン



歩くこと2時間

第39番札所「延光寺」


尾をひねると口から水がゴポゴポ…

いいセンスです





その後はひたすら歩く








途中

宿毛市を過ぎる

入り口の端をすぎた辺りに遍路小屋があるみたいで

そこに老子みたいな人がすわってるのが遠目でわかる

正直、あまり関わりたくなかったので

気づかないふりして通り過ぎる…









「おーーーい!ちょっとここで休憩していかんかね!」










はぁーーーーーー(´д`)











大人しく老子の話に付き合う





老師曰く

①おととい遍路道でぶっ倒れ、昨日まで病院にいた
②遍路は本来、拝んでお接待をもらい回るものであって、お金を貯めて回るものではない
③あんたの荷物の半分はいらないものである

らしい






要するに

職業遍路ってことですね








これからの道を聞くと

松尾峠っていう山道があって

1000mもの山だという

今からじゃ無理だから

山頂に小屋があるから、そこへ泊まりなさい

と若干おどされる






時間もあまりなかったため

早々に退席






その後、地図を見たら

300mの山越えでした






でもちょっとビビってるので

水2㍑と食料を積んで

峠にむかう






今からこの山の頂上いっきまーーーす




途中

文旦農家のオバチャンに挨拶したら

大きな文旦2個いただく

ありがたいけど…

これ積んであるくんかぁ






その峠は

健脚で40分とのこと

もっと早く逝ったろうやないか





ハートに火がつく





荷物は35キロ前後

なめんなよぉぉぉぉ!




と叫びながらすすむ







はぁっはぁっ

30分で着いてやったぜい\(^o^)/

我ながら、よく頑張ったと思う

ちなみにコレが老師のいっていた小屋

フラッシュ焚いてこの明るさ

ここはやばいでしょ






と言うことで

じゃっかん走り気味で山を下る








下ること3時間

今日の温泉

「一本松温泉」へ到着

21:00まで滞在して




その後は近くの産直売店の軒下へ




寝る前に靴下の予備がないから洗って干したけど

朝どうなってるかな…

乾いてたらいいな







今日はここまで!


それじゃあおやすみぃ

















旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いしますっっm(_ _)m
ポチットナ  ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

かいちょう says... ""
はじめまして(ノ^^)ノ
かいちょうという者ですww

べーすけさんのブログたまたま見つけて
拝見させてもらってます。
自分も歩くのが好きで
今日は32キロ歩きました~
辛いけど歩くのって楽しいですよね!!
応援してます!!
2013.02.14 21:16 | URL | #- [edit]
says... "メッセありがとうございます\(^o^)/"
こうやってメッセ頂くと

ホントに元気が出ます!






歩きじゃないと見つからない景色や美しさもある

と思うんですよねー





かいちょうサンも

無理せず楽しく歩いていってくださいね(´▽`)ノ




2013.02.16 05:28 | URL | #VEUMvR1o [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/32-d19628f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。