べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江差にいた吹雪のなかの先達  ~ 11月28日(木)  日本一周 徒歩の旅 245日目~

Posted by べーすけ on   2 comments   0 trackback

昨夜のことなんだけど


時間は21:00ごろ

晩ごはんのラーメンを食べ終わったあと

トイレに行こうとすぐ向かいにある道の駅に行ったら

オッチャンがいた


その雰囲気は明らかに僕と同じ気配を放っていて

これはホームレスっぽいぞと思ってると


なんとトイレの中で突然、

靴下を脱いで洗面所で洗い始めたではないか!!!

しかも、一足の靴下のハズなのに

洗面所がみるみるうちに真っ黒になっていく…



野宿旅を豪語してるべーすけも

この光景にはさすがに引く



4,5度くらい洗ってようやく満足したらしく

オッチャンはまだ黒々してる靴下を軽く絞る


しかしここからが問題

いくら洗っても、この寒い季節は「全く乾かない」のである


さらに明日は雪の予報で冷え込むらしい

どうやって乾かすのかなぁーと見ていると


なんと、トイレに設置されてるヒーターの上に置いた…



いやいや、それ燃えるし。




そんな心のツッコミも知る由もなく

オッチャンは靴下を乾かしながら暖房に当たっている





なんかスゴいもの見たな…

しかもあの靴下が乾くまでこのトイレにいるってことだもんな


世の中には、僕とは比較にならないくらいに

タフな人生を過ごしてる人はたくさんいるようです













朝6:00に目覚めて外に出てみると

夜中のうちに雪が降ってたっぽい

ヤバイぞヤバいぞー


路面には積もってないみたいで

どうやら湿った雪ですぐに溶けたらしい

でも、このまま降っていくと積もるのも時間の問題だわ













バス停小屋の中で始発のバスを見送ってから

道の駅「江差繁次郎浜」に立ち寄ってみる


売店のお姉さんに話しかけると

「昨日、トイレの前にある外のベンチで寝てたでしょ?雪降ってたけど寒くなかった」

と聞かれる





僕はバス停で寝てましたけど…

いや、まさかな…








江差と言ったら

なんといってもニシンが有名

以前は「江差の5月は江戸より賑わう」と言われてたほど

ニシン漁が盛んだったんです












今も昔の街並みを残していたり(というか再現)

ニシン漁で大儲けした人が建てた「ニシン御殿」が国の有形文化財で残ってる























なんか雪と古民家って雰囲気イイね













お昼は「そば蔵 やまげん」さんへ

そう!江差の名物と言ったら



ニシンそば!!


僕はココに来るまで

ニシンそばと言ったら京都が発祥だと思っていたけど

ルーツは江差なんだそうです

ここの身欠きニシンを京都の商人が持ち込んだらしい


さらに地元の人に聞いてみると

ここでの「ありがとう」は「おおきに」と言うらしい

関西弁がニシンで繋がってるってスゴいねww











こちらがニシンそば

そば自体は手打ちの二八そば












山盛りの岩海苔の中には

ドカッと身欠きニシンの甘露煮が入ってる


ダシは関東風(関西風だと思ってたんだけど)で

僕にとってはちょっと濃い感じ

だけどニシンの甘さがダシに溶けてなかなかいい感じ


ニシンは箸で持つとほろほろと解けて

魚の缶詰のような臭みは全然ない


久しぶりに美味しいお蕎麦をいただきました!



途中から店員さんと旅の話をしてるとおにぎりをご馳走していただいたり

ちょうどお昼を食べにきていた江差町長さんに「頑張れよ!」と応援していただいたり

(僕の向かいの席にいて、全く気が付かなかった)

なんだか幸せな気分


味ももちろんだけど

とても温かく感じるお店でした!














しっかり暖まったあとは

再び雪の中へ…


今日は何とか上ノ国の道の駅まで歩いておきたい














こちらは姥神大神宮

言い伝えによると

予知能力のあるお婆さんが大量のニシンを連れてきたんだと(ちょっと違うかもw)

やっぱり江差がニシン中心だったのがここからもわかる













そしてこの神宮に伝わる年一度の例大祭「姥神大神宮渡御祭」は

京都の祇園祭の流れを汲んだ、豪華絢爛な祭りなんだそう

そーいう意味でも京都との繋がりは深いもんがあるんだなー













と思ったら、突然の吹雪!


ヤバイ!!

道が海岸線で吹きさらしになってて

日本海からの冷たい風をもろに受ける


雪の軌道が真横に流れてて

10m先もはっきりみえない













護岸のカモメたちも

吹き飛ばされないように堪えているので必死














写真ではちょっと曇ってるようにしか見えませんが

実際にはまっすぐ歩けないほどの吹雪

(事件はブログで起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!!)




だけど寒さ的には四国遍路の時の方が寒かった気がする

とか結構冷静だったりするw


ズボンが濡れ、靴さえも濡れ

海を向いている身体の右側の全てが濡れる














2時間苦戦したあと

ようやく上ノ国町へ入る













するとさっきまでの吹雪がかき消されてしまったかのように

雪も風も全て止んでしまう

どういうことだ?













17:00くらいに道の駅「上の国もんじゅ」へ到着


身体やザックに積もった雪を下ろしながら

職員さんにこの先の情報を聞く


僕が集めた情報だと

この先の松前までは民家もない断崖絶壁を進むということだったけど

どうやらある程度は集落があるらしい

そして松前までの直通のバスはないものの

点在する集落にはバスが通っているとのこと



バスがあるってことは

バス停小屋(最高の寝床)があるってことだし

最悪、天候が悪化したときに戻る緊急手段としても使える(あくまで先へは進まない)

ちょっと安心。













宿は道の駅の前にあるバス停小屋

なんかボロ屋ってかんじで

基礎は無いし、適当に張り付けたような木板の壁からは

すきま風がビュービュー吹き抜けていく


今夜から明朝にかけてまた吹雪くみたいだから

明日は雪のなかを歩くことになるかもしれないな


もうちょっとだから頑張って歩かないとな!


それじゃ今日はここまで

おやすみなさい!!





旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村





 
スポンサーサイト

Comment

コバ says... ""
自分もトレーニング中吹雪の中歩いたことあるのでなんとなく想像できますが、実際風の強い海岸沿いを歩いてるべーすけさんとはレベルが違いますね(^^;

凄すぎです!
あと靴下のおじさんもタフすぎです(笑)
2014.04.22 12:26 | URL | #- [edit]
べーすけ says... "Re: "
>コバ
昨日はありがと!
あのあとは結局、豊平川の橋の下で寝たよww

コバのこれからに期待して
ブログの更新楽しみにしてるよー!
2014.04.24 09:50 | URL | #VEUMvR1o [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/318-a6b3e264
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。