べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再考察  ~ 11月17日(日)  日本一周 徒歩の旅 234日目~

Posted by べーすけ on   0 comments   0 trackback


さてさて

昨日はs329さんのご実家にて

久しぶりのお布団スリーピングを満喫してましたw

安心して寝れるって幸せ♪



さてさて、

朝になったらちゃっかり朝ごはんもいただき(3杯くらいお代わりしたw)

再度、s329さんに泊村のセイコーマートまで送ってもらうことに























その前に、みんなと記念撮影

突然お邪魔したのに快く迎えてくださって

本当にありがとうございました!!


























9:00頃からゆっくりと歩き始めると

今日はホントにいい天気


ってか、海の色が今までと全然違う!

昨日までどす黒い鈍い色をしてたのに

今日は深いながらも柔らかな青色


夏場に来たらどんなにキレイなんだろう…

と、叶わないことを言ってみる




しばらく歩くと

目の前にドデカい建物が!























これは「原子力PRセンター とまりん館」


そう、ここ泊村は北海道に3つある原発の1つ

泊原発がある場所なんです


原子力については

福島でいろいろ考えたけど

もう一度考え直すいい機会かも


ちょっとトイレを借りるついでに

見学してみることに























まぁこんな感じで原子力について説明してあるんだけど

ほとんどというか、全く人がいない(入場は無料)






















これが、使用済み核燃料の模型


こういう風に実際に見ると

こんな鉄筋みたいな棒の塊が

一瞬で致死的な放射能を何十年も出し続けるなんて想像がつかない


つーか、やっぱり「放射能」っていう存在自体に実感が沸きにくい

おそらく僕は警戒解除になったばかりの浪江町を歩いた際に

通常よりはたくさんの放射能を浴びたんだと思うんだけど

(実は町内に入るとき、歩いて行ったら危ないって機動隊にめっちゃ引き留められた)


そうだとしても

実際にどのくらい浴びたのかもわからないし

それがどのような影響を及ぼすことになるのかもわからない

(たぶん何もないとおもうが)



放射能って言うのは、他の災害と違って

被災してしまったら一生、ネガティブな不安を抱き続けなければならない

それはもはや恐怖でしかない





しかしながら、

私たちはたくさんの電力を使ってきた

電力を得ることについてなんの疑問を持つこともなく

まるで無限に溢れ出る湯水のように

電力を生産して、消費してきた


その課程には

「原子力」を使用しての電力供給というのは逃れられなかったと思う


原子力を使用すれば膨大なエネルギーを得ることができるが

その反面、人体に甚大な影響を及ぼす放射能も生み出してしまう



そう、私たちは原子力の良い面だけ利用して

都合の悪い面は見て見ぬ振りをしてきた


もし原子力が根本的に原因があったのなら

福島原発事故以前で「私たちから」疑問を投げかけるべきだった


しかし私たちはそれをしなかった



今、福島原発の話を聞くと

「東電が悪い」とか「政府が悪い」とか

そういう風潮になっているが


私たちにも改めるべき点はあるのではないだろうか






ものごと全てには

メリットとデメリットが表裏一体で存在している

デメリットが全くないメリットは存在しない


そして自然というのは

人智を遙かに越えて、素晴らしく且つ恐ろしい力を秘めている


それを人間が「完全に掌握する」なんてことは

あまりに浅はかであることを

私たちはもういちど確認する必要があるのではないか





福島原発事故、そして東北大震災、大津波…

今こそ人類という種族として

自然との共存を考え直す岐路に立つべき時期に来ていると思う








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






なんかまた長い話になってしまいました


ちなみに原子力についての意見は「人それぞれ」ですので

僕は自分の意見をだれかに押しつけようとは思わないし

正しいかどうかもわからないです


単純に、一人の旅人の戯れ言と思っていただければ幸いです







さてさて

とまりん館を出たあとは

しばらく海沿いを歩く






















そして共和町に入る


標識にもあるように

この辺りから田んぼをたくさん見かけるようになる

























きれいな山並み






















そらも真っ青だー

と、よく見ると
























山並みの奥にうっすらと見えるのは羊蹄山じゃないですかー

もうこんなところまで戻ってきたんだなぁー





















岩内町へ入り、すぐに






















「道の駅 いわない」に到着

時間はまだ13:00過ぎ

時間はまだ早いけど、今日はここまで


併設してあるバスターミナルでブログを打っていると



なんとs329さんのお母さん登場!!



たぶんここにいるだろうと探してくださったらしい

なんともすみません


んで、話を聞くと

今日もご実家の方に泊めていただけるとのこと!

なんだか申し訳ない気もしないことないけど

厚意はありがたくいただくのが旅の礼儀

お世話になります!!





さっそく車でご実家までブーン



そして晩ごはんは

s329さんが「食べてほしかった」と言っていたジンギスカン!


残念ながら写真はございませんが

臭みもぜんぜんなくてお肉が柔らか~

たぶん、ちゃんとしたジンギスカンを食べたのは

これが初めてじゃないかな(違ってたらごめんなさい)



そんな感じでおなかも一杯で

お風呂もいただいて身体も清潔

そして皆さんの愛をいただいてホントに幸せな1日でございました



さてさて

明日からは再び厳しい過疎地域を通過しますー

なんとかがんばりますので

ブログもお楽しみにー


それじゃオヤスミナサイ






旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/307-e2e43d29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。