べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先人たち  ~ 10月21日(月)  日本一周 徒歩の旅 212日目~

Posted by べーすけ on   3 comments   0 trackback

はいはいー

いつものべーすけです


昨日は地の果てサロベツ原野に入り

孤高の一軒家、こうほねの家PAで眠りましたが


今日からは本格的に原野の中に入っていきます

まぁポツポツ歩いていこうかな

















朝起きてみるとちょっと暖かい

温度計をみると8℃くらい



















8:30こうほねの家を出発

9:00くらいから辺りに日が射してくる

一昨日の予報では雨だったからラッキー♪



昨日は素晴らしい夕焼けを見せてくれた利尻岳ですが

今日はと言うと…

















昨日は霞がかかっていたのがすっきり取れて

ものすごくはっきり見えるやないですかぁー!!





















そして流れてきた雲と合わさって超絶景

空気はものすごく澄み切ってて

まるで絵画の中を歩いているみたい


どうやら山頂は雪が積もっているよう

そーいえば、昨日戸締まりに来た人が

14日に初冠雪したとか言ってたなぁ



















10:00を過ぎると

雲もすべて過ぎ去り

冬の厳しさを感じさせるような雄々しき姿を見せてくれる



そして歩く道はと言うと
















何にもない一本道



そんな素晴らしい景色を見ながら

一曲流しましょか


今日選んだのは

Usher「8701」より「Can U Help Me」


http://m.youtube.com/watch?v=kUaf8pwM7aQ#


Usherはちょっと昔のR&Bシンガー

今で言うと、Ne-YoとかChris Brownみたいなビッグスター



日本ってこういう「見た目あんま気にせずに、踊りも歌もトップクラスで出来るエンターテイナー」ってなかなかいないですよねー

日本で言うと…なんだろう?三浦大知とか?(語弊があったらすいません)

アメリカだったらJastin Bieberとかも何でも出来てスゴいなぁ

うらやましい限りっすねw


とりあえず

たまにはこんな曲もイイかなと思って選んでみました


ちなみにビデオ冒頭に出てくるパンツ姿は

いかがなものかなぁ~って思っちゃいましたww




だいぶ脱線しちゃいましたが

どんどん歩いていきましょ















いやーとにかく真っ直ぐで、なんにもないね

自分がどれだけ進んでいるのかも判らなくなりそう


















利尻岳はいつまでも僕の視界の右側を離れない

まるで守り神が見慣れないヤツが悪いことをしないかと見張っているみたい

ここでは人間なんてちっぽけで、自然がすべてを支配してる



















14:00過ぎ

原野の中に突如、施設が登場




どうやら

今日の宿、砂の駅PAに到着したっぽい



以前はレストランがあったっぽい施設も

今は人の気配すら風に吹き飛ばされてしまっていて

いつ頃から無人となったのかも見当がつかない


その隣には

公衆トイレだけがポツンと建ってる

(そしてなぜか自動ドアで迎えてくれる)





トイレ内は毎日掃除されているようで綺麗なんだけど

大量のハエがトイレを飛び交っている

なんにもないのに、どうやって繁殖してるんだ?


水はどうやら水道水のようで透明で臭いもない

ありがたく頂いて晩ごはんで使うことにする




晩ごはんにはちょっと早いから近くを散策

近くに地名の説明板






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ここは「稚咲内(ワカサツナイ)」と言い

アイヌ語では「ワッカ・サク・ナィ(飲み水の・無い・川)」という意味


以前、稚内に向かうためには

このサロベツ原野の海岸沿いを歩いていたそうで

果てしなく無人の原野が広がる、強風と砂に足を取られる難所だった


そんな過酷な旅人の疲れを癒すため

ここへ番屋(宿場)を作った


江戸時代の冒険家、松浦武四郎も稚咲内へ訪れ

建物や蔵、そして井戸があったことを冒険記に残してる


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





なんでこんな何にもないところに

キレイな水があるんだろうって思ったんだよねー



今までどれだけの旅人が

ここで新鮮な水を飲み、

風雨をしのげる建物の中でひとときの安らぎを感じたのかなぁ



車やバイクなどの移動手段がある今では

ほとんど忘れ去られてしまった場所ではあるけど


僕のような歩き人には

その頃の旅のつらさや努力がひしひしと伝わってくる

そうした遺産を感じながら使えることに「感謝」です。



今日はそんな稚咲内で

先人たちの面影を感じながら

ゆっくりと休ませてもらいます




















そうそう

言ってなかったけど

ここサロベツ原野は風が強いってことでも有名で


冬場は吹雪がものすごく強く吹く「地吹雪」となって

目の前がホワイトアウトしてしまうらしい


今日も昼過ぎから強くなってきて

テントを建てるのも一苦労

久しぶりにテントを張り綱でペグダウンして吹き飛ばされないようにしとく



晩ごはんは乾麺のうどん

大体300g(3人前)位入ってるのに100円というお得感

茹でるのには時間はかかるけど美味しいね♪


ご飯を食べた後は

電波も当然繋がらないので

早々と寝ることに


明日はサロベツ原野の最終日

この調子で山場を越えていこう!


そんじゃオヤスミナサイ






旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いします
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください)

 ↓ Push!! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Comment

トミー says... ""
べーすけさんこんにちは、歩いてオロロンライン南下は大変だったと思います、僕が走ったときは天気が悪くて利尻岳は見られずじまいでしたが(結局利尻島に直接行って見ましたw)
この記事の写真で疑似体験できてすごい良かったです。
しかし途中のパーキングエリアのありがたさは確かに歩き旅でないと味わえない感覚ですね、この辺は歩き旅ならではの感動でバイク旅では味わえない所だと思います。
日本は水資源が豊かで「湯水のように使う」なんてことばもありますがそれは大違いで水の貴重さをもっと知ってほしいと思っている今日この頃です。
2014.02.06 19:34 | URL | #- [edit]
べーすけ says... "Re: "
>トミーさん
お久しぶりです!
沖縄のバイト生活はどうですか?
そーいえばお互い、日本の端っこにいるわけですよねw
最も暖かいところと、寒いところ…
同じ日本でも、寒暖差が40℃くらい違うってスゴいですww

サロベツは歩きたかった場所でもあるんです
日本ってどこにでもお店や家があって、ちょっとヌルいかなぁーと思ってまして
よっぽど山奥に行かない限りこんな体験は出来ないので、いい経験になりました!

2014.02.06 20:30 | URL | #VEUMvR1o [edit]
says... "利尻岳やばっ!!"
カッコいぃー!!!

    
2014.02.08 01:39 | URL | #tITeVIvM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/278-6cea886e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。