べーすけ 歩いて日本一周

出逢った全てに感謝しながら巡る旅 「ありがとう」

スポンサーサイト

Posted by べーすけ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行き止まり  ~ 7月22日(月)  日本一周 徒歩の旅 121日目~

Posted by べーすけ on   0 comments   0 trackback

旅の序盤

東京から東北の大間まで


奇跡というくらい

雨に振られず

ほぼ天気で乗り越えたわけですが、



梅雨がないと言われる北海道

入ったとたんに、ほとんど雨と曇り続き


今までため込んでいたのを吐き出すかのように

雲はその黒さを増して

厚く、北海道の天井を覆っている






はぁ(´д`)







今日も漏れなく天気悪

昨日、一昨日はホント一時の晴天だったんだわ


歩く道は


相変わらずの何もない直線

ちなみにこの直線のあとに何かが待ってます






こんこーん



アイヌ語講座part.5



補足説明あり

だけど、日本語ですら意味分からん



人気のない踏切の向こうから

お婆さんが杖をつきながら歩いてきてる

どこからきて、どこに向かうんだろう




ただただ真っすぐの道の先に

黒い巨大な影が姿を現してきた



そう、直線のあとに待っていたのは

山であり、それが意味するは峠道があるということ



坂道に入る前から、細かい雨が降り始める

仕方ないので折り畳み傘を出す



傾斜5度の緩い坂道が延々に伸びる

すれ違うトラックの水しぶきが痛い!



黒松内町に入る



一個目の峠のトンネル通過

この「静狩(シズカリ)」はアイヌ語で「行き止まり」って意味

行き止まりなら登るのやめようよー(^_^;



まだまだ続く

目の前に車が止まり、おっちゃん登場

こんな雨の日に…と思ってたら

なんと、森町でお会いしたスドウさん!


お孫さんのレースはなんと優勝だったそうで

ビデオカメラで授賞式の映像を見せてくれるスドウさんは

ホントに幸せそう


スドウさんとお別れしたあとも

胸の中にホッコリしたものが残ってて

足の痛みを和らげてくれていた気がする



二個目の峠の礼文華トンネル通過

そのトンネル内で


富浦町に入る



これまでで7時間が過ぎていたけど

雨続きで一度も休憩できず歩きっぱなし

お店や人家もなく、地面は濡れてザックを置けない

肩にザックが食い込み痛い痛い



体力的にも限界だったので

今日の目的地を変更

峠の麓にある礼文という集落に逃げ込む


村をさまよってると無人駅発見

そこで休憩していると

駅の目の前に無人のバス停小屋を見つけて、そっちに移動

バスは1日3便のみで

朝も7:45という遅めの始発なのでゆっくりできそう


一応、ビバークも想定して食材を買ってたから

水だけ補給して夕食



はぁ疲れました


右肩がかなり痛い

明日になったら痛み収まってると良いけどなぁ



そんな感じでオヤスミです

バイバイ(^.^)/~~~


旅ブログランキングに参加しています
皆さん、下のボタンをチェックお願いしますっっm(_ _)m
(スマホからはポイントが反映されないようなので、
  右上のボタンよりPC画面に移動してから「日本一周」をクリックしてください(´д`))

      ↓ Push!! ↓
( ・ω・)ノシ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://besukesuke.blog.fc2.com/tb.php/168-9bf2c648
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。